ストレッチ個人指導・リラクゼーション【初回体験割引40分:3000円】

フォームローラーの使い方【お尻の筋肉(大殿筋)】

スポンサーリンク
お尻(殿部)のストレッチ一覧フォームローラーの使い方一覧

フォームローラーの使い方【お尻の筋肉(大殿筋)】

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和

フォームローラーでお尻(大殿筋)をほぐす方法

1.坐骨に近い方をマッサージ

フォームローラーで大殿筋をマッサージする方法

もも裏〜坐骨あたりでローラーを転がしてください。

2.腰に近い方をマッサージ

フォームローラーで大殿筋をマッサージする方法

骨盤の後ろ〜腰でローラーを転がしてください。

3.凝っているところを探してマッサージ

フォームローラーを当てる場所(大殿筋)

もも裏〜坐骨、骨盤の後ろ〜腰とローラーを転がしてみて、凝っているところをマッサージしましょう。

POINT

  • 殿筋群の疲労は腰痛にも繋がります。ストレッチやフォームローラーでケアしていきましょう。
  • 打撲に注意してマッサージしください。
  • マッサージ後にストレッチを行うと関節可動域の改善(柔軟性向上)の効果も期待できます。

マッサージ後にオススメのストレッチ!

大殿筋(だいでんきん)の解剖学

他のお尻(殿筋群)のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰のストレッチ

仰向けで行うお尻(大殿筋)のストレッチ

仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチ

お尻(大殿筋や中殿筋)のトレーニング

お尻の筋肉(殿筋群)のトレーニング【体幹トレーニング】
お尻の筋肉(殿筋群)のトレーニングを紹介しています。 自分自身の脚はなかなか重く、脚をコントロールするためには殿筋群や体幹の筋力が必要です。
お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング(片脚ずつ)【体幹トレーニング】
お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニングを紹介しています。 大殿筋とハムストリングスは脚を後ろに伸ばす動作(股関節の伸展)に作用する筋肉です。 片脚ずつ行うとトレーニングの強度が高くなります。
お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング【体幹トレーニング】
お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニングを紹介しています。 大殿筋とハムストリングスは脚を後ろに伸ばす動作(股関節の伸展)に作用する筋肉です。
お尻の筋肉(大殿筋)のトレーニング【体幹トレーニング】
お尻の筋肉(大殿筋)のトレーニングを紹介しています。 大殿筋は脚を後ろに伸ばす動作(股関節の伸展)に作用する筋肉です。 脚を後ろに伸ばす時に腰を反らさないように注意してトレーニングしましょう。
お尻の筋肉(中殿筋)のトレーニング【体幹トレーニング】
お尻の筋肉(中殿筋)のトレーニングを紹介しています。 ランニングの接地で膝が内に崩れる(ニーイン・トゥーアウト)してしまう人や、Y字バランスなど片脚立ちで骨盤の位置が安定しない人などにおすすめのトレーニングです。

フォームローラーで体の他の部分もほぐそう

\ 詳しくはイラストをクリック! /

フォームローラーの使い方【太ももの外側(大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯)】

フォームローラーの使い方【もも前(大腿四頭筋)】

フォームローラーの使い方【肩の後ろ〜背中(三角筋後部・広背筋)】