毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰のストレッチ

スポンサーリンク

お尻(大殿筋)〜腰のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  お尻・腰の凝り緩和

仰向けで行うお尻と腰のストレッチの方法

膝を90度くらいに曲げて脚を挙げる
左膝を床の方に下ろす
お尻〜腰の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1. 膝を90度くらいに曲げて脚を挙げる

お尻(大殿筋)〜腰(脊柱起立筋)のストレッチの方法

仰向けにねた姿勢で、左膝を90度くらいに曲げて脚を挙げてください。

2. 左膝を床の方に下ろす

お尻(大殿筋)〜腰(脊柱起立筋)のストレッチの方法

右手で左膝を床の方に下ろし、膝を床へ近づけていきます。

3. お尻~腰の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

大殿筋のストレッチで伸びる場所

左のお尻(大殿筋)〜腰が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ストレッチの強度の調整の方法

腰を大きく捻るのが苦手な場合は、両膝を曲げた姿勢でのストレッチから始めましょう。

お尻(大殿筋)〜腰(脊柱起立筋)のストレッチの方法

お尻(大殿筋)〜腰(脊柱起立筋)のストレッチの方法

  • 腰を大きく捻る動作では、ストレッチ後に腰に不安定な感じが出てしまう場合があります。
    この殿筋のストレッチのときは必ず膝を床に着けなければいけないわけではありません。
    腰に負担がかからない範囲で殿部が伸びているところで膝の位置をキープしてストレッチしましょう。
  • 膝や股関節に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

大殿筋の動作や解剖について詳しくはこちら

大殿筋(だいでんきん)の起始・停止と機能
大殿筋(だいでんきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 大殿筋は、股関節の伸展、外旋、内転の補助、骨盤の後傾の際に働いています。

他のお尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿部)のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和