骨盤

スポンサーリンク
フォームローラーの使い方一覧

フォームローラーの使い方【もも前(大腿四頭筋)】

ストレッチの強度

 もも前の凝り緩和
膝を曲げる動作の柔軟性向上

ストレッチのコツ

骨盤を立てるために、まずは3つのストレッチを一つずつ試してみてください。

骨盤を立てる(前傾させる)ために行う3つの具体的なストレッチを紹介しています。 骨盤の前傾の逆に働く大殿筋、ハムストリングス、腹直筋の3つのストレッチを行った後に、骨盤の前傾の動きを確認してみてください。
ストレッチとスポーツ医学

内転筋群の起始と停止と機能

内ももの内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。
スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

殿筋群の起始と停止と機能

殿筋群のストレッチでは、骨盤の後面や側面の筋肉を意識することが大切です。股関節を曲げる動作や内側に閉じる動作のほかに、股関節を捻る動作をコントロールしてストレッチしましょう。
ストレッチとスポーツ医学

骨盤と股関節の部位と名称について

骨盤と股関節の部位と名称について説明しています。 骨盤の寛骨臼に太ももの大転子がはまりこんで股関節をつくっています。
ストレッチとスポーツ医学

ハムストリングスの起始と停止と機能

ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。
未分類

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の起始と停止と機能

大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。
ストレッチ動画

骨盤を前傾・後傾に動かす運動の動画

骨盤の前傾・後傾運動を動画で紹介しています。 仰向けやアグラ姿勢など色々な姿勢で骨盤を動かせるよう練習していきましょう。
ストレッチとスポーツ医学

骨盤の動かし方の言葉の表現について

運動を習っていると、「骨盤から〜」、「骨盤を立てて〜」、「骨盤を前傾させて〜」、「骨盤から前屈して〜」など、様々な言葉の表現で指導を受けることありますが、自分自身が腑に落ちる言葉で動作を学習することが大切です。
ストレッチのコツ

骨盤の動かし方を覚えてより効果的なストレッチができるようにしよう

骨盤の動きを意識することで、より股関節の動作が強調することができ、ストレッチの効果を得ることができます。骨盤の前傾と後傾動作を学習して、ストレッチの際に骨盤をコントロールできるようにしていきましょう。