ストレッチとスポーツ医学

スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

痛みを言葉で客観的に評価して冷静に治療を進めていきましょう

辛い痛みの症状は一刻も早く無くなってほしいものですが、痛みはいきなりパッと無くなるわけではありません。 しかし、痛みを言葉として客観的に評価することで、痛みを少しずつ少なくして着実に完治へ進めていくことはできます。 痛みの評価方...
ストレッチとスポーツ医学

治療やリハビリにかかる期間について

治療やリハビリにかかる期間について説明しています。 外傷では治癒期間を答えられる場合が多いのですが、画像診断では異常が認められない障害のような慢性的な肩こりや腰痛などは治癒期間を答えるのが難しいです。
ストレッチとスポーツ医学

腰痛とストレッチについて

ストレッチの有効な腰痛について説明しています。 腰を反らせると症状が増悪する腰痛を伸展型腰痛、体を前にかがめる前屈動作で痛みが出る腰痛を屈曲型腰痛といいます。伸展型腰痛と屈曲型腰痛とでは、腰痛の症状緩和に効果のあるストレッチが異なるので注意が必要です。
ストレッチとスポーツ医学

筋肉の「起始」と「停止」から体の部位と繊維方向を意識して効果的にストレッチしよう!

筋肉のその両端の体の中心側に近い部位を「起始」、末端側を「停止」といいます。 筋肉の「起始」と「停止」から体の部位と繊維方向を意識して効果的にストレッチましょう。
ストレッチとスポーツ医学

骨盤の動かし方を覚えてより効果的なストレッチができるようにしよう

骨盤の動きを意識することで、より股関節の動作が強調することができ、ストレッチの効果を得ることができます。骨盤の前傾と後傾動作を学習して、ストレッチの際に骨盤をコントロールできるようにしていきましょう。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチ前後の立位体前屈の柔軟性を評価しよう

ストレッチ前後に数値で客観的に柔軟性を評価できると良いのですが、自宅に器具を置いて毎回測定するのもなかなか大変です。器具によるcm単位の計測ではありませんが、自分の足や床に対してどれだけ指先が届くかで、ストレッチ前後の立位体前屈の柔軟性を評価してみましょう。
ストレッチとスポーツ医学

骨盤の動かし方の言葉の表現について

運動を習っていると、「骨盤から〜」、「骨盤を立てて〜」、「骨盤を前傾させて〜」、「骨盤から前屈して〜」など、様々な言葉の表現で指導を受けることありますが、自分自身が腑に落ちる言葉で動作を学習することが大切です。
ストレッチとスポーツ医学

肉離れに注意してストレッチしましょう。肉離れが起こる原因と症状、起こった後の対処法について

ストレッチには筋肉の柔軟性向上(関節可動域に増大)の効果がありますが、誤ったやり方でストレッチをすると効果が得られないばかりか怪我をしてしまうことがあります。 肉離れの症状や肉離れが起こる原因、肉離れが起こってしまった時の対処法を学び安全で効果的なストレッチが行えるようにしていきましょう。
ストレッチとスポーツ医学

肩の脱臼ポジションを理解して肩のストレッチをより安全に

胸の大胸筋のストレッチの動作では、肘を90度に曲げて胸を開くポジションをとることがありますが、セルフストレッチやペアストレッチを行う際には肩関節の脱臼に注意しながらストレッチの動作を行わなくてはなりません。
ストレッチとスポーツ医学

怪我をした直後はRICE処置で腫れや痛みを抑えよう

スポーツ活動や日常生活で、何かにぶつかったり転んだり足をくじいてしまった時などに炎症反応が起こります。これらの炎症症状を最小限に抑えるために行うのがRICE処置です。
スポンサーリンク