【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

ストレッチとスポーツ医学

スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

足首を伸ばす動作(底屈)を柔らかくするためのストレッチとトレーニング

足首を伸ばす動作(底屈)を柔らかくするためのストレッチとトレーニングを紹介しています。 足首を伸ばす動作の柔軟性を高めるためには、足の甲〜スネの筋肉のストレッチと、ふくらはぎの筋肉のトレーニングが効果的です。
ストレッチとスポーツ医学

足首を曲げる動作(背屈)を柔らかくするためのストレッチとトレーニング

足首を曲げる動作(背屈)を柔らかくするためのストレッチとトレーニングを紹介しています。 足首を曲げる動作の柔軟性を高めるためには、ふくらはぎのストレッチと、スネの筋肉のトレーニングが効果的です。
ストレッチとスポーツ医学

スネやふくらはぎの筋肉の硬さを和らげて足首を柔らかくするストレッチ

スネやふくらはぎの筋肉の硬さを和らげて足首を柔らかくするストレッチを紹介しています。 ふくらはぎやスネの筋肉の緊張を緩和し、足の指、ふくらはぎやスネの筋肉の痙攣を防いだり、血行をよくしてムクミを少なくする効果が望めます。
スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

内転筋群の起始と停止と機能

内ももの内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。
ストレッチとスポーツ医学

殿筋群の起始と停止と機能

殿筋群のストレッチでは、骨盤の後面や側面の筋肉を意識することが大切です。股関節を曲げる動作や内側に閉じる動作のほかに、股関節を捻る動作をコントロールしてストレッチしましょう。
おすすめの本やグッズなど

マッサージボールの使い方【ハムストリングスと殿部(中殿筋・大殿筋)のマッサージ&ストレッチ方法】

【ストレッチの強度】

【こんな人にオススメ】
・お尻、もも裏の筋肉の張り、凝りの緩和したい
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチの柔軟性は筋肉のつっぱり感だけでなく縦断的柔軟性をチェックして評価しよう!

ストレッチの柔軟性の評価には、筋肉のつっぱり感だけではなく、ストレッチ動作の可動域が広がっているかを確認することが大切です。
ストレッチとスポーツ医学

骨盤と股関節の部位と名称について

骨盤と股関節の部位と名称について説明しています。 骨盤の寛骨臼に太ももの大転子がはまりこんで股関節をつくっています。
ストレッチとスポーツ医学

前後開脚(スピリッツ)を柔らかくするために、前脚と後ろ脚を分けてストレッチしよう!

前後開脚(スピリッツ)を柔らかくするためのストレッチを紹介しています。 前脚と後ろ脚を個別にストレッチすることで、前脚にひざが伸びない、後ろ脚のひざが伸びない、骨盤が正面を向かないなどの悩みを解消しましょう。
ストレッチとスポーツ医学

ハムストリングスの起始と停止と機能

ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。