ストレッチとスポーツ医学

スポンサーリンク
ストレッチの方法

前後開脚(スピリッツ)を柔らかくするために、前脚と後ろ脚を分けてストレッチしよう!

前後開脚(スピリッツ)を柔らかくするためのストレッチを紹介しています。 前脚と後ろ脚を個別にストレッチすることで、前脚にひざが伸びない、後ろ脚のひざが伸びない、骨盤が正面を向かないなどの悩みを解消しましょう。
ストレッチとスポーツ医学

大腿四頭筋の起始と停止と機能

大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。
ストレッチとスポーツ医学

バレエやダンスで足の甲を出すためのストレッチ

バレエやダンスで足の甲を出すためのストレッチの方法を紹介しています。 足首を伸ばす動作の柔軟性の評価方法や、スネの筋肉の解剖を理解してストレッチしていきましょう。
スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

マッサージボールの使い方【スネとふくらはぎのマッサージ&ストレッチ方法】

マッサージボールを使ったスネとふくらはぎのマッサージ方法と、ストレッチ方法を紹介しています。
ストレッチとスポーツ医学

股関節の柔軟性アップに大切な6つの動きを意識してストレッチしよう。

股関節の柔軟性をアップのためには、股関節の屈曲と伸展、外転と内転、外旋と内旋の6つの動作を意識してストレッチしましょう。
ストレッチとスポーツ医学

体が硬い人は単関節運動のストレッチから始めるのがおすすめ

体が硬い人は単関節運動のストレッチから始めるのをおすすめしています。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチはいつするのが効果的か。ストレッチの効果を得やすいタイミングとは。

ストレッチは身体が温まっている時に行うのが効果的です。 スポーツを行わない一般の人であればお風呂上がりで身体が温まってリラックスしている時が良いです。お風呂上がりは精神的にもリラックスしているのでよりストレッチの効果が期待できます。
ストレッチとスポーツ医学

痛みを言葉で客観的に評価して冷静に治療を進めていきましょう

辛い痛みの症状は一刻も早く無くなってほしいものですが、痛みはいきなりパッと無くなるわけではありません。 しかし、痛みを言葉として客観的に評価することで、痛みを少しずつ少なくして着実に完治へ進めていくことはできます。 痛みの評価方...
ストレッチとスポーツ医学

治療やリハビリにかかる期間について

治療やリハビリにかかる期間について説明しています。 外傷では治癒期間を答えられる場合が多いのですが、画像診断では異常が認められない障害のような慢性的な肩こりや腰痛などは治癒期間を答えるのが難しいです。
ストレッチとスポーツ医学

腰痛とストレッチについて

ストレッチの有効な腰痛について説明しています。 腰を反らせると症状が増悪する腰痛を伸展型腰痛、体を前にかがめる前屈動作で痛みが出る腰痛を屈曲型腰痛といいます。伸展型腰痛と屈曲型腰痛とでは、腰痛の症状緩和に効果のあるストレッチが異なるので注意が必要です。