本日7/20(土)は、出張のため終日お休みとさせていただきます。メールとお電話は受付しております。

ストレッチとスポーツ医学

スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチ前後の立位体前屈の柔軟性を評価しよう

ストレッチ前後に数値で客観的に柔軟性を評価できると良いのですが、自宅に器具を置いて毎回測定するのもなかなか大変です。器具によるcm単位の計測ではありませんが、自分の足や床に対してどれだけ指先が届くかで、ストレッチ前後の立位体前屈の柔軟性を評価してみましょう。
ストレッチとスポーツ医学

骨盤の動かし方の言葉の表現について

運動を習っていると、「骨盤から〜」、「骨盤を立てて〜」、「骨盤を前傾させて〜」、「骨盤から前屈して〜」など、様々な言葉の表現で指導を受けることありますが、自分自身が腑に落ちる言葉で動作を学習することが大切です。
ストレッチとスポーツ医学

肉離れに注意してストレッチしましょう。肉離れが起こる原因と症状、起こった後の対処法について

ストレッチには筋肉の柔軟性向上(関節可動域に増大)の効果がありますが、誤ったやり方でストレッチをすると効果が得られないばかりか怪我をしてしまうことがあります。 肉離れの症状や肉離れが起こる原因、肉離れが起こってしまった時の対処法を学び安全で効果的なストレッチが行えるようにしていきましょう。
スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

肩の脱臼ポジションを理解して肩のストレッチをより安全に

胸の大胸筋のストレッチの動作では、肘を90度に曲げて胸を開くポジションをとることがありますが、セルフストレッチやペアストレッチを行う際には肩関節の脱臼に注意しながらストレッチの動作を行わなくてはなりません。
ストレッチとスポーツ医学

怪我をした直後はRICE処置で腫れや痛みを抑えよう

スポーツ活動や日常生活で、何かにぶつかったり転んだり足をくじいてしまった時などに炎症反応が起こります。これらの炎症症状を最小限に抑えるために行うのがRICE処置です。
ストレッチとスポーツ医学

アスレティックリハビリテーションとは

従来の社会復帰を目的としたリハビリ(メディカル・リハビリテーション)に対して、スポーツ選手が競技復帰を目的として行うものをアスレティックリハビリテーションと呼ばれています。スポーツ復帰のためには受傷前の高いレベルでの筋力、筋持久力、パワー、スピード、平衡性、アジリティ(敏捷性)などの体力の回復が必要となります。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチで怪我を予防しよう!怪我の起こる組織と外傷と障害の違いについて

ストレッチを継続的に行うことにより、怪我が発生する確率を低くすることができます。しかし、全ての種類の怪我を防げるわけではありません。 怪我の種類と怪我の起こる組織を学んで、ストレッチを有効に活用できるようにしていきましょう。 外傷と障害...
ストレッチの方法

真っ直ぐ綺麗にひざを伸ばせるようになろう!ハムストリングスのストレッチのコツ

ハムストリングスのストレッチのコツを紹介しています。 ひざが曲がらないようにハムストリングスを伸ばすためには、股関節を屈曲させる(前に曲げる)、ひざを伸ばす、足首を曲げる・伸ばすという3つの動作のコントロールが必要です。
ストレッチとスポーツ医学

体の硬い人はストレッチを行うポジションを工夫して楽に行えるストレッチから始めましょう

自分がリラックスして行えるポジションでストレッチすることが重要です。立った姿勢、座った姿勢、仰向けに寝た姿勢などでのモモ裏のハムストリングスのストレッチを紹介しています。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチをやりっぱなしにしていませんか?きちんとストレッチ前後の柔軟性を評価しましょう

運動前後のストレッチは身体に良い、とされていますが、その効果をきちんと理解せずにやりっぱなしで終えている人が少なくありません。ストレッチには、筋肉の緊張緩和、関節の可動域の増大、血液循環の促進、スポーツ障害の予防などの効果があるといわれています。
タイトルとURLをコピーしました