ストレッチ教室再開のお知らせ

仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)と腰(脊柱起立筋)のストレッチ

スポンサーリンク
お尻(殿部)のストレッチの方法 ストレッチの方法

腰とお尻のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  お尻・腰の凝り緩和

仰向けで行うお尻と腰のストレッチの方法

  1. 両膝を手で抱え込む
  2. 太ももを胴体の方へ近づけて腰を丸める
  3. お尻と腰の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

両膝を手で抱え込む

仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)と腰(脊柱起立筋)のストレッチ

仰向けに寝た姿勢で、両膝を手で抱え込んでください。

太ももを胴体の方へ近づけて腰を丸める

腰とお尻のストレッチ

さらに手で膝を抱え込んで、太ももを胴体の方へ近づけて腰を丸めます。

お尻と腰の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

お尻(大殿筋)と腰(脊柱起立筋)のストレッチで伸びる場所

お尻(大殿筋)と腰(脊柱起立筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 骨盤の前面にツマリ感が出るときは、左右に膝を少し外に広げて太ももを胴体に近づけてください。
  • 股関節や腰に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

このストレッチがむずかしい場合は、まずは片脚ずつから

仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチ
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。

大殿筋・脊柱起立筋の動作や解剖について詳しくはこちら

大殿筋(だいでんきん)の起始・停止と機能
大殿筋(だいでんきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 大殿筋は、股関節の伸展、外旋、内転の補助、骨盤の後傾の際に働いています。
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の起始・停止と機能
脊柱起立筋(腸肋筋・最長筋・棘筋)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 脊柱起立筋は、脊柱の伸展、脊柱の側屈、骨盤の前傾の際に働いています。

他のお尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿部)のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和

タイトルとURLをコピーしました