ストレッチ教室再開のお知らせ

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチ

スポンサーリンク
お尻(殿部)のストレッチの方法 よく読まれている記事 ストレッチの方法

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和

お尻(梨状筋)のストレッチの方法

  1. 両膝を曲げた姿勢から、左足を一歩外に
  2. 膝を内側にたおす
  3. 腰〜お尻の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

両膝を曲げた姿勢から、左足を一歩外に

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチ の方法

両膝を曲げた姿勢から、左足を一歩外についてください。

膝を内側にたおす

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチ の方法

左膝を内側にたおしてください。

お尻の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチで伸びる場所

お尻の筋肉(梨状筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 股関節の内旋動作を行うことで梨状筋をストレッチすることができます。
  • 膝下だけ捻ってしまうと膝や足首を傷めてしまいます。膝下ではなく股関節から内側に捻るよう意識してストレッチしましょう。
  • 股関節や膝に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

梨状筋(深層外旋六筋)の動作や解剖について詳しくははこちら

深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)の起始・停止と機能
深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 深層外旋六筋は、股関節の外旋の際に働いています。

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチの方法

梨状筋(深層外旋六筋)のストレッチ(仰向け姿勢)
梨状筋(深層外旋六筋)の伸ばし方をを紹介しています。 深層外旋六筋のストレッチでは、股関節の内旋動作をコントロールすることがポイントになります。

他のお尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿部)のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和

タイトルとURLをコピーしました