毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

膝を体の中央で組んだ姿勢で行うお尻(殿筋群)のストレッチの方法

スポンサーリンク

お尻(殿筋群)のストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和

膝を体の中央で組んだ姿勢で行うお尻のストレッチの方法

  1. 右膝を体の中央に引き寄せる
  2. 右脚の上に左脚を組む
  3. 上体を前に傾ける
  4. お尻の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

右膝を体の中央に引き寄せる

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

アグラの姿勢から右膝を体の中央に引き寄せてください。

右脚の上に左脚を組む

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

右脚の上に左脚を組んでください。

上体を前に傾ける

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

上体を前に傾けます。

お尻の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

大殿筋のストレッチで伸びる場所

左脚のお尻の筋肉(殿筋群)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

正面から見た殿筋群のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

  • このストレッチを続けて行くと、徐々に左右の膝が体の正中線上に近づき、左右のお尻に体重がのるようになってきます。
    膝を体の中央で組む姿勢は、お尻の柔軟性が低いと初めは少しむずかしいかもしれません。
  • 膝や股関節に痛みや違和感が出る場合は中止してください。
  • 脚を組むのが困難な場合は、股関節や膝に負担がかかってしまう場合は他のストレッチから始めましょう。

殿筋群のストレッチの動画

お尻のストレッチ

この脚の組み方がむずかしい場合はこのストレッチから

アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)のストレッチの方法
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。

殿筋群の動作や解剖について詳しくはこちら

殿筋群の起始と停止と機能
殿筋群のストレッチでは、骨盤の後面や側面の筋肉を意識することが大切です。股関節を曲げる動作や内側に閉じる動作のほかに、股関節を捻る動作をコントロールしてストレッチしましょう。

他のお尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿部)のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  腰痛予防,  腰・お尻の凝り緩和