膝を体の中央で組んだ姿勢で行うお尻(殿筋群)の筋肉のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法
膝を体の中央で組んだ姿勢で行うお尻(殿筋群)の筋肉のストレッチの方法を紹介します。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

お尻の筋肉(中殿筋)お尻の筋肉(中殿筋)
お尻の筋肉(小殿筋)
お尻の筋肉(小殿筋)
お尻の筋肉(大殿筋)お尻の筋肉(大殿筋)

大殿筋のストレッチで伸びる場所

大殿筋の動作や解剖について詳しくははこちら

殿筋群の起始と停止と機能
殿筋群のストレッチでは、骨盤の後面や側面の筋肉を意識することが大切です。股関節を曲げる動作や内側に閉じる動作のほかに、股関節を捻る動作をコントロールしてストレッチしましょう。

仰向けで行う大殿筋とハムストリングスのストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

  1. アグラの姿勢から右膝を体の中央に引き寄せて、右脚の上に左脚を組みます。
  2. 1の姿勢から、左膝を中央に引き寄せた、上体をたおしえいきます。左のお尻〜骨盤横の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 腰や股関節、膝に痛みや違和感が出る場合は中止しましょう。

正面から見た殿筋群のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

お尻(殿筋群)のストレッチの方法

ほかの殿筋群のストレッチ方法

仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法
仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
床に座った姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法
床に座った姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。

さいごに

このストレッチを続けて行くと、徐々に左右の膝が体の正中線上に近づき、左右のお尻に体重がのるようになってきます。
膝を体の中央で組む姿勢は、お尻の柔軟性が低いと初めはむずかしいかもしれません。
脚を組むのが困難な場合は、股関節や膝に負担がかかってしまう場合は他のストレッチから始めましょう。

ストレッチの方法
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました