個人指導・リラクゼーションのみ短縮営業のお知らせ
5/23(土)AM9:30ストレッチ教室YouTubeライブ配信

体の硬い方にも無理なく気持ち良く続けられるストレッチ教室です。

詳細はこちら

お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング【体幹トレーニング】

スポンサーリンク
体幹トレーニング

お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング【体幹トレーニング】
お尻大殿筋)ともも裏ハムストリングス)のトレーニングを紹介していきます。
大殿筋とハムストリングスは脚を後ろに伸ばす動作(股関節の伸展)に作用する筋肉です。
お尻を床から上げる時に腰を反らさないように注意してトレーニングしましょう。

お尻(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)を意識しましょう

 

大殿筋

【大殿筋】

ハムストリングス

【ハムストリングス】

お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング【体幹トレーニング】

お尻を上げた時に、お尻の筋肉(骨盤の後ろあたり)ともも裏(ハムストリングス)が縮むのを意識しましょう。

大殿筋とハムストリングスの動作や解剖

大殿筋(だいでんきん)の起始・停止と機能
大殿筋(だいでんきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 大殿筋は、股関節の伸展、外旋、内転の補助、骨盤の後傾の際に働いています。
ハムストリングスの起始と停止と機能
ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。

お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング

お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング
1.仰向けで両膝を曲げた姿勢になります。
お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング【体幹トレーニング】
2.この姿勢からお尻を上げてください。
お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング【体幹トレーニング】
3.お尻を上げた時にお尻(骨盤後ろあたり)ともも裏(ハムストリングス)の筋肉が縮むのを意識しましょう。
  • 10~20回1セットを、1~3セットほど行ってみてください。
  • お尻ともも裏の筋肉が縮むのを意識しましょう。

お尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニングの動画

お尻(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)のトレーニング10回

お尻ともも裏のトレーニング後のストレッチ

トレーニング後はお尻の筋肉(大殿筋)ともも裏(ハムストリングス)をストレッチしましょう。

仰向けの姿勢で行うお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチ
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチを紹介しています。

さいごに

お尻を上げた時に、骨盤が左右上下にグラグラ揺れないよう注意して動作を行ってください。
グラグラしてしまう場合は、先に中殿筋のトレーニングを行うと骨盤のポジションが安定します。

お尻の筋肉(中殿筋)のトレーニング【体幹トレーニング】
お尻の筋肉(中殿筋)のトレーニングを紹介しています。 ランニングの接地で膝が内に崩れる(ニーイン・トゥーアウト)してしまう人や、Y字バランスなど片脚立ちで骨盤の位置が安定しない人などにおすすめのトレーニングです。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました