ストレッチ教室再開のお知らせ

脚を前に上げる動作(股関節の屈曲)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ

スポンサーリンク
関節可動域(ROM) ストレッチと機能解剖学

脚を前に上げる動作(股関節の屈曲)の関節可動域(ROM)

股関節屈曲(くっきょく)運動は、太ももを体の前に上げていく動きです。
股関節の屈曲の参考可動域125°です。

 

脚を前に上げる動作(股関節の屈曲)の関節可動域(ROM)と働く筋肉のまとめ
股関節の屈曲の参考可動域

股関節の屈曲
股関節の屈曲運動

*上図は膝関節屈曲位での股関節屈曲、膝関節運動です。
(立位の図ですのでROMの計測肢位ではありません。)

股関節の屈曲動作に作用している筋肉

股関節の屈曲運動には、腸腰筋大腿直筋縫工筋大腿筋膜張筋恥骨筋長内転筋(股関節屈曲の補助)が作用しています。

以下、画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

腸腰筋

腸腰筋
作用
・股関節の屈曲
・股関節の外旋

大腿直筋

大腿直筋
作用
・股関節の屈曲
・膝関節の伸展

縫工筋

縫工筋
作用
・股関節の屈曲
・膝関節の屈曲
・股関節の外旋(股関節屈曲と膝関節屈曲に伴って)

大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋
作用
・股関節の外転
・股関節の屈曲(同時に股関節の内旋)

恥骨筋

恥骨筋
作用
・股関節の屈曲
・股関節の内転
・股関節の内旋

長内転筋

長内転筋
作用
・股関節の内転
・股関節の屈曲の補助

タイトルとURLをコピーしました