10月ストレッチ教室スタートキャンペーン!参加者募集中!

マッサージボールの使い方【内もも(内転筋)】

スポンサーリンク
マッサージボールの使い方一覧内もものストレッチの方法一覧

マッサージボールの使い方【内もも(内転筋)】

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
股関節の柔軟性向上,  内ももの柔軟性向上,  内ももの凝り緩和
大きめのボールを使うと太ももの内側の筋肉に当てやすいです。この記事で使用しているボールは5インチ(12.7cm)です。

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MB5 大きいモデル
トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MB5 大きいモデル

マッサージボールで内もも(内転筋群)をほぐす方法

1.膝に近い方をマッサージ

マッサージボールで内転筋をほぐす方法

内もも〜膝あたりの筋肉でボールを転がしてください。

2.骨盤に近い方をマッサージ

マッサージボールで内転筋をほぐす方法

内もも〜骨盤あたりでボールを転がしてください。

3.凝っているところを探してマッサージ

内もも(内転筋)のストレッチで伸びる場所

膝〜内もも、内もも〜骨盤とボールを転がしてみて、凝っているところをマッサージしましょう。

強度の調整方法

マッサージボールで内転筋群をほぐす方法
【手で太ももを押してボールに太ももを押しつけると強度が高くなります。(打撲に要注意)】

マッサージボールで内転筋をほぐす方法
【膝を曲げた姿勢でボールを当てる】

POINT

  • 片脚を外に開いた姿勢では股関節や膝に負担がかかりやすくなります。
    股関節や膝に負担のかからないポジションでボールマッサージを行いましょう。
  • 打撲に注意してマッサージしましょう。
  • マッサージ後にストレッチを行うと関節可動域の改善(柔軟性向上)の効果も期待できます。

マッサージ後にオススメストレッチ!

内転筋群(ないてんきんぐん)の解剖学

太ももの内側の大内転筋(だいないてんきん)長内転筋(ちょうないてんきん)短内転筋(たんないてんきん)薄筋(はっきん)を総称して内転筋群と呼びます。

他の内もも(内転筋群)のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

仰向けにねて行う内もも(内転筋群)のストレッチ

深脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ

椅子に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

マッサージボールで体の他の部分もほぐそう

\ 詳しくはイラストをクリック! /

マッサージボールの使い方【ふくらはぎ(下腿三頭筋)】

マッサージボー ルの使い方【もも裏(ハムストリングス)】

マッサージボールの使い方【お尻の筋肉(大殿筋・中殿筋・小殿筋)】