台風のため、明日12日(土)は臨時休業とさせていただきます。

椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチ

椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法
椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法を紹介します。
十分に腰が落とせない人、腰を落とせても太ももの筋肉が力んでしまい、リラックスして内ももをストレッチできない人にオススメの方法です。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

内ももの筋肉(内転筋群)内ももの筋肉(内転筋群)

椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチで伸びる場所

内転筋群の動作や解剖について詳しくははこちら

内転筋群の起始と停止と機能
内ももの内転筋群は、恥骨筋、大内転筋、小内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。

椅子に座った姿勢で行う内転筋群のストレッチの方法

椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法1

椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法2

  1. 椅子に座った姿勢で大きく脚を開き、膝に軽く手をついてください。
  2. 1の姿勢から左手で左膝を外の方に開き、上体を右に捻ります。左の内ももの筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 股関節や膝に違和感を感じる場合は中止してください。
  • 余裕が出てきたら、さらに脚を開いた姿勢から上体をひねりましょう。

さいごに

中腰姿勢が苦手だったり、高齢の方で転倒の恐れがある場合は、椅子に座った姿勢で内もものストレッチを行うとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました