毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法(膝を曲げた姿勢で)

スポンサーリンク

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

脚を開く,  内ももの柔軟性向上,  内ももの凝り緩和

壁を使った内もものストレッチの方法

仰向けになってお尻と足を壁につける
左右の脚を開く
内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープする

1. 仰向けになってお尻と足を壁につける

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法

仰向けにねた姿勢で、壁にお尻と足をつけてください。

お尻はできるだけ壁に近づけましょう。

2. 左右の脚を開く

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法

1の姿勢から左右の脚を開いてください。

手で軽く膝を押して脚を開く動作をアシストしましょう。

3. 内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープする

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチで伸びる場所

内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

膝や股関節に違和感が出る場合は中止しましょう。

ストレッチのバリエーション

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法膝を壁の方に近づけていきます。
壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法膝を床の方に近づけていきます。

開いた膝を壁の方に近づける動きと、床の方に近づける動きと両方の柔軟性をつけていきましょう。

このストレッチで余裕が出てきたら、膝を伸ばした開脚姿勢でのストレッチも試してみてください。

壁を使って行う内転筋群のストレッチ方法の動画

壁開脚ストレッチ2

お尻が壁に近づかない場合はこのストレッチから

仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチ
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)のストレッチの方法
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)〜腰の筋肉のストレッチの方法を紹介しています。
壁に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。

内ももの筋肉の解剖学

内転筋群の起始と停止と機能
内ももの内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。

他の内もも(内転筋群)のストレッチの方法

内もものストレッチの方法
14種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  開脚の柔軟性向上,  内ももの凝り緩和