ストレッチ教室再開のお知らせ

壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ

スポンサーリンク
内もものストレッチの方法 ストレッチの方法

壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  開脚の柔軟性向上,  内ももの凝り緩和

壁を使って行う内もも(内転筋群)のストレッチの方法

  1. 仰向けで両脚を壁につける
  2. 左右に膝を開く
  3. 内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

仰向けで両脚を壁につける

壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ

仰向けになり、壁に両脚をつけてください。

左右の脚を開く

壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ

左右の脚を開いていきます。

内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチで伸びる場所

左右の内もも(内転筋群)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 壁を使って行う内もものストレッチでは、力まずに内ももの筋肉を伸ばすことができるので開脚の練習にも良いでしょう。
    あまり長い時間この姿勢を続けていると、股関節や骨盤の外側に負担がかかるので注意しながらストレッチしましょう。
  • 膝や股関節に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

壁を使って行う開脚ストレッチの動画

壁開脚ストレッチ

他の壁を使ったストレッチ

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法(膝を曲げた姿勢で)
壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法(膝を曲げた姿勢で)を説明しています。 壁を利用したストレッチでは、腹筋を力まずに内転筋をストレッチすることができます。
壁に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。

内転筋の動作や解剖について詳しくはこちら

内転筋群の起始と停止と機能
内ももの内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。

他の内もも(内転筋群)のストレッチの方法

内もものストレッチの方法
14種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  開脚の柔軟性向上,  内ももの凝り緩和

タイトルとURLをコピーしました