股割り姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法

内もも(内転筋群)のストレッチの方法
股割り姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法を紹介します。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

内ももの筋肉(内転筋群)内ももの筋肉(内転筋群)

内転筋群のストレッチで伸びる場所

内転筋群の動作や解剖について詳しくははこちら

ただいま作成中です。

股割り姿勢で内転筋群のストレッチの方法

股割り姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法

股割り姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法

  1. 肩幅よりも大きく脚を開き、膝に手をついて腰を落としてください。
  2. 1の姿勢から左手で左膝を外の方に開き、上体を右に捻ります。左の内ももの筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 女性の方は、手で膝を押したときに肘が反らないように注意しましょう。
  • 中腰がきつく、この姿勢では内ももの伸長感が感じられない場合は、仰向けで行うストレッチから始めましょう。

ストレッチの強度、伸びる場所の調整の方法

股割り姿勢で行う内転筋のストレッチの強度の調整方法

股割り姿勢で行う内転筋のストレッチの強度の調整方法

  • 左:腕を太ももにおいて、膝よりも深く腰を落とします。
  • 右:ソンキョの姿勢で膝を開いていきます。

ほかの内転筋群のストレッチ方法

内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉
床に座って行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法を紹介しています。
仰向けの姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法
仰向けの姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法を紹介しています。

さいごに

中腰姿勢が苦手な場合は、腰を落としたときに太ももが力んでしまい、内ももの伸長感が感じれないことがあります。
そのような場合は、仰向けなどのリラックスできる姿勢でのストレッチから始めましょう。

ストレッチの方法
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ