毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

股割り姿勢で行う内もも(内転筋群)のストレッチの方法

スポンサーリンク
ストレッチの方法 内もものストレッチの方法

内もも(内転筋)のストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  開脚の柔軟性向上,  内ももの凝り緩和

股割り姿勢で行う内もも(内転筋群)のストレッチの方法

  1. 脚を開いて手を膝におく
  2. 手で膝を開いて上体を捻る
  3. 内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

脚を開いて手を膝におく

内もも(内転筋)のストレッチの方法

肩幅よりも大きく脚を開いて、膝に手をついて腰を落としてください。

手で膝を開いて上体を捻る

内もも(内転筋)のストレッチの方法

右手で右膝を外の方に開き、上体を左に捻ります。

内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

内もも(内転筋)のストレッチで伸びる場所

右の内もも(内転筋群)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 中腰姿勢が苦手な場合は、腰を落としたときに太ももが力んでしまい、内ももの伸長感が感じれないことがあります。その場合は、椅子に座った姿勢のストレッチから始めましょう。
  • 女性の方は、手で膝を押したときに肘が反らないように注意しましょう。

ストレッチのバリエーション

股割り姿勢で行う内転筋のストレッチの強度の調整方法【腕を太ももにおいて、膝よりも深く腰を落とします。】

股割り姿勢で行う内転筋のストレッチ【ソンキョの姿勢で膝を開いていきます。】

腰を落とすのが苦手な人は椅子を使ってストレッチ

椅子に座った姿勢で行う内もも(内転筋群)のストレッチ
椅子に座った姿勢で行う内もも(内転筋群)のストレッチの方法を紹介しています。 腰を落とす動作が苦手な人は、初めは椅子に座って股割り姿勢をとるとよいでしょう。

内転筋の動作や解剖について詳しくはこちら

内転筋群の起始と停止と機能
内ももの内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。

他の内もも(内転筋群)のストレッチの方法

内もものストレッチの方法
14種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  開脚の柔軟性向上,  内ももの凝り緩和