子どもストレッチ教室の生徒募集中!

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

ストレッチのイラストをnoteにまとめました。【6月限定割引1380円→980円】「イラストでわかりやすいストレッチ大辞典」

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
股関節の柔軟性向上 
開脚の柔軟性向上 
内ももの凝り緩和

目次

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチの方法

1. 片方の脚を外に開く

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

アグラの姿勢から片方の脚を外に開いてください。

2. 上体を前に傾ける

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

上体を前に傾けていきます。

3. 内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

外に開いた脚の内もも(内転筋群)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

POINT
両脚を開く開脚ストレッチがむずかしい場合は、片脚ずつ開いてストレッチしていきましょう。

NG
膝の内側や股関節に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

ストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

ストレッチを続けていると、少しずつ脚が開くようになってきます。

内転筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ
内転筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ
内転筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

ストレッチを続けていると、少しずつ上体が傾きやすくなってきます。

内転筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ
内転筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ
内転筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチの動作

上体を傾ける方向を変えるとストレッチの強度を調整できます。

内もも(内転筋群)のストレッチで意識する動作

あわせて読みたい
脚を外側に上げる動作(股関節の外転)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 45度 作用する筋肉 中殿筋,小殿筋,大腿筋膜張筋

内転筋群(ないてんきんぐん)の解剖学

太ももの内側の大内転筋(だいないてんきん)長内転筋(ちょうないてんきん)短内転筋(たんないてんきん)薄筋(はっきん)を総称して内転筋群と呼びます。

あわせて読みたい
内転筋群の起始と停止と機能 【内転筋群の起始と停止】 内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称となります。 筋肉名【大内転筋】【長内転筋】【短内転筋】【薄筋】起始恥骨枝、坐骨...

内もも(内転筋群)のトレーニング

あわせて読みたい
下腹部(腹直筋下部)のと内もも(内転筋)のトレーニング【体幹トレーニング】 下腹部の筋肉(腹直筋下部)のトレーニングを紹介していきます。長座から脚を浮かせた姿勢でバランスをとりながら行いましょう。 【下腹部(腹直筋下部)を意識しましょ...
あわせて読みたい
内もも(内転筋群)のトレーニング【体幹トレーニング】 内ももの筋肉(内転筋群)のトレーニングを紹介していきます。内転筋群は、脚を内側に閉じる動作(股関節の内転)に働く筋肉です。横向きの姿勢から下の脚を床から持ち...

内もものストレッチの方法一覧

\  詳しくはイラストをクリック!  /

伸脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ
股割り姿勢で行う内もも(内転筋群)のストレッチの方法
椅子に座りながらできる内もも(内転筋群)のストレッチ
内もも(内転筋)のストレッチ
床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ
膝立ち姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチの方法
腹筋と内もものストレッチ
床に座って行う腸腰筋と内もも(内転筋群)のストレッチ
開脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ
開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ
仰向けにねて行う内もも(内転筋群)のストレッチ
壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法
壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ
仰向けで行う内もも(内転筋)のストレッチ
四つ這いで行う内もも(内転筋)のストレッチ(カエルポーズ)
フォームローラーの使い方【内もも(内転筋)】
マッサージボールの使い方【内もも(内転筋)】
グリッドフォームローラーの使い方【内もも(内転筋)】

内もものストレッチの方法一覧

このページの情報は役に立ちましたか?

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次