【初回カウンセリング割引】

膝立ち姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチの方法

スポンサーリンク
内もものストレッチの方法一覧

膝立ち姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
股関節の柔軟性向上,  開脚の柔軟性向上,  内ももの凝り緩和

膝立ち姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチの方法

1. 膝立ちの姿勢になり片方の脚を外に開く

内もも(内転筋)のストレッチの方法

膝立ちの姿勢から、片方の脚を外に開いてください。

2. お尻を後ろに引いて骨盤を床に近づける

内もも(内転筋)のストレッチの方法

お尻を後ろに引いて、骨盤を床の方に近づけていきます。

3.内ももの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

内もも(内転筋)のストレッチで伸びる場所

外に開いた脚の内もも(内転筋群)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

POINT

  • 膝の内側にストレスがかかりやすポジションのストレッチです。
    足の裏を床につけたまま動作を行うと、膝の内側への負担を減らせます。
  • 強度を高くしたい場合は、ストレッチ側ではない脚の膝をさらに外についてストレッチしてください。

NG

  • 股関節の外転動作を強調しやすいストレッチですが、股関節や膝に負担がかからないように注意して行いましょう。

内もも(内転筋群)のストレッチで意識する動作

股関節を外に開く動作(股関節の外転)

股関節を外に開く動作(股関節の外転)

内転筋群(ないてんきんぐん)の解剖学

太ももの内側の大内転筋(だいないてんきん)長内転筋(ちょうないてんきん)短内転筋(たんないてんきん)薄筋(はっきん)を総称して内転筋群と呼びます。

内もも(内転筋群)のトレーニング

他の内もも(内転筋群)のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

深脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ

強度

股割り姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ

強度
★★

椅子に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

強度

内もも(内転筋)のストレッチ

強度

床に座って行う内もも(内転筋群)のストレッチ

強度

腹筋と内もものストレッチ

強度
★★

床に座って行う腸腰筋と内もも(内転筋群)のストレッチ

強度
★★

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ

強度
★★★

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ

強度
★★★

仰向けにねて行う内もも(内転筋群)のストレッチ

強度

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法(膝を曲げた姿勢で)

強度

壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ

強度
★★

仰向けで行う内もも(内転筋)のストレッチ

強度
★★

四つ這いで行う内もも(内転筋)のストレッチ(カエルポーズ)

強度
★★★

マッサージボールの使い方【内もも(内転筋)】

強度

フォームローラーの使い方【内もも(内転筋)】

強度

グリッドフォームローラーの使い方【内もも(内転筋)】

強度

このページの情報は役に立ちましたか?