ストレッチ教室体験1000円。月2回3300円から。

膝立ち姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチの方法

内もものストレッチの方法 ストレッチの方法

内もも(内転筋)のストレッチ
膝立ち姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法を紹介します。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

内転筋
内ももの筋肉(内転筋群)
【図は右大腿前面】

内もも(内転筋)のストレッチで伸びる場所

内転筋群の動作や解剖について詳しくははこちら

床に座って行う内転筋のストレッチの方法

内もも(内転筋)のストレッチの方法

内もも(内転筋)のストレッチの方法

  1. 片膝立ちの姿勢から片方の右脚を外に開いてください。
  2. 1の姿勢からお尻を後ろに引いて骨盤を床の方に近づけていきます。右の内ももの筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 膝や股関節に違和感が出る場合は中止しましょう。
  • 足の裏を床につけたまま動作を行うと膝の内側への負担を減らせます。

ほかの内もも(内転筋)のストレッチの方法

画像をクリックするとストレッチの方法のページに移動します。

内もも(内転筋)のストレッチ内もも(内転筋)のストレッチ内転筋のストレッチ内もも(内転筋)のストレッチ深脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ
内ももの筋肉(内転筋)のストレッチの方法壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチマッサージボールの使い方【内ももの筋肉(内転筋群)】椅子に座った姿勢で行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法2

さいごに

股関節の外転動作を強調しやすいストレッチですが、股関節や膝に負担がかからないように注意して行いましょう。
強度を高くしたい場合は、床についている左膝をさらに外についてストレッチするとよいでしょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました