【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ

スポンサーリンク

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ
 内ももの筋肉の凝り緩和,  開脚の柔軟性向上,  Y字バランスの柔軟性向上

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチの方法

床に座って脚を開く
脚を開いたまま上体を横にたおす
内ももと体側が伸びているところで10~15秒キープ

1.床に座って脚を開く

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)のストレッチ

床に座った姿勢で脚を開きます。

2. 脚を開いたまま上体を横にたおす

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ

脚を開いたまま上体を横にたおしていきます。

3. 内ももと体側の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ

内ももと体側の筋肉が伸びているところで10~15秒キープします。

上体を横にたおすともも裏が、つま先をつかんで足首を曲げるとふくらはぎの筋肉も伸びます。

開脚側屈ストレッチの強度の調整方法

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ
手で足のつま先をつかむ

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ
つま先をつかんだまま肘を曲げる

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ
肩を太ももに近づける

開脚姿勢で行う内もも(内転筋)と体側のストレッチ
左手を右足の方へ伸ばす

POINT

  • 体側の筋肉が柔らかいと上体がたおしやすいです。開脚姿勢で上体を横にたおすのが難しい場合は、楽な姿勢で体側のストレッチだけ別々に練習しましょう。
  • 上体を右に傾けるときは、右のお尻に体重をかけましょう。初めは上体を右にたおしたときに左のお尻が床から浮いてもOKです。
  • 膝の内側や股関節に違和感や痛みが出る場合は中止しましょう。
  • 力任せでストレッチすると、肉離れの原因となります。適切な強度でストレッチしましょう。

開脚側屈に関連する筋肉の動作や解剖について詳しくはこちら

他の内もものストレッチの方法