ストレッチ個人指導・リラクゼーション初回1000円割引 3/28まで

壁に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

もも裏のストレッチの方法 ストレッチの方法

壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

壁に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介していきます。脚を壁にかけることで脱力してストレッチすることができます。

スポンサーリンク

もも裏の筋肉が伸びているのを意識しましょう

ハムストリングス
もも裏の筋肉(ハムストリングス)
【図は左大腿後面】

壁に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

両脚の太ももの後面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの裏から太ももの後ろ面〜骨盤の坐骨のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくははこちら

ハムストリングスの起始と停止と機能
ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

  1. 仰向けにねて脚を壁にかけます。
  2. お尻を壁の方に近づけていき、、両足のもも裏の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 関節が緩く、膝が反ってしまう場合は中止してください。

ストレッチのバリエーション

壁に脚をかけた姿勢から足首を曲げるとふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉もストレッチできます。

壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)とふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチの方法

壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)とふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチの方法

壁に脚をかけて行うふくらはぎのストレッチで伸びる場所

壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法(膝を曲げた姿勢で)
壁を使って行う内もも(内転筋)のストレッチの方法(膝を曲げた姿勢で)を紹介しています。
壁を使って行う開脚(内転筋)のストレッチ
壁を使って行う内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法を紹介しています。

ほかのハムストリングスのストレッチ方法

画像をクリックするとストレッチの方法のページに移動します。

もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で行う左右両方のもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ椅子に脚をかけて行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ
片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法マッサージボールの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】
フォームローラー(マッサージローラー)の使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

さいごに

柔軟性がついてくると、お尻が壁について脚が90度上がるようになります。
90度以上脚が上がるようにしたい場合は、タオルを使ったストレッチで脚が100度、120度上がるように練習していきましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました