ストレッチ教室は月2回3200円から
ストレッチ個人指導スタートアップキャンペーン!9/28まで

体の硬い方にも無理なく気持ち良く続けられるストレッチをご紹介しています。

詳しくはこちらから

椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法

椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

立った姿勢から前屈するとグラグラしてしまう場合や、床に座るのが苦手な場合は椅子に座った姿勢でもも裏(ハムストリングス)のストレッチを行うと良いでしょう。仕事の合間にストレッチするのもおすすめです。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

もも裏の筋肉(ハムストリングス)
ハムストリングス(横から)

 
ハムストリングスのストレッチで伸びる部位

前に一歩出した方の脚の太ももの後面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの裏から太ももの後ろ面〜骨盤の坐骨のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくははこちら

ハムストリングスの起始と停止と機能
ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。

椅子に座った姿勢で行うハムストリングスのストレッチの方法

椅子に座った姿勢で行うハムストリングスのストレッチの方法

椅子に座った姿勢で行うハムストリングスのストレッチの方法

  1. 椅子に浅く座り、左脚を一歩前に出してください。
  2. 1の姿勢から上体を傾けて、もも裏の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 腰が丸まると、十分にもも裏の筋肉をストレッチできません。
    腰を反らせて骨盤を前傾位にすると腰の丸まりを防ぐことができます。

ほかのハムストリングスのストレッチ方法

もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉を紹介しています。
仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。
仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。
片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。 前後開脚の練習にも適しています。
立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。
椅子に脚をかけて行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
椅子に脚をかけて行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。 スポーツでハイキックを高く挙げたいという方にオススメの方法です。

マッサージボールを使ってハムストリングスをほぐす方法

マッサージボールの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】
もも裏の筋肉(ハムストリングス)をほぐすマッサージボールの使い方を紹介しています。

フォームローラーを使ってハムストリングスをほぐす方法

フォームローラー(マッサージローラー)の使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】
もも裏の筋肉(ハムストリングス)をほぐすフォームローラー(マッサージローラー)の使い方を紹介しています。

さいごに

椅子に座って行うもも裏のストレッチは、日常生活の合間に気軽に取り入れることができます。仕事の合間やテレビCMの間などにストレッチをする習慣ができるとよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました