子どもストレッチ教室の生徒募集中!

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチのイラストをnoteにまとめました。【6月限定割引1380円→980円】「イラストでわかりやすいストレッチ大辞典」

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
もも裏の柔軟性向上 
脚を高く上げる 
膝を伸ばす

目次

片膝立ち姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

1. 仰向けで足の裏にタオルを引っかける

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

仰向けで片方の足の裏にタオルを引っかけてください。

2. タオルを引っ張って脚を上げる

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

できるだけ膝を伸ばしたまま、手でタオルを引っ張って脚を上げていきます。

3. もも裏の筋肉が伸びているところで15秒~30秒キープ

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

左のもも裏の筋肉(ハムストリングス)が伸びているところで15秒~30秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ストレッチの強度を高くする

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

脚の角度を90度から120度、140度というように角度を大きくするとストレッチの強度が高くなります。

ストレッチの強度を低くする

はじめは、下の脚の膝を曲げた姿勢でストレッチすると脚が上がりやすいです。

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

POINT
タオルの長さや、脚を挙げる角度を調整してストレッチしていきましょう。

NG
膝や腰に痛みや違和感、脚に痺れが出る場合は中止してください

タオルを使って行うハムストリングスのストレッチの方法

もも裏(ハムストリングス)のストレッチで意識する動作

あわせて読みたい
膝を伸ばす動作(膝関節の伸展)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 0度 作用する筋肉 大腿直筋,外側広筋,中間広筋,内側広筋
あわせて読みたい
脚を前に上げる動作(股関節の屈曲)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 125度 作用する筋肉 腸腰筋,大腿直筋,縫工筋,大腿筋膜張筋,恥骨筋

ハムストリングスの解剖学

太ももの裏の半腱様筋(はんけんようきん)半膜様筋(はんまくようきん)大腿二頭筋(だいたいにとうきん)を総称してハムストリングスと呼びます。

あわせて読みたい
ハムストリングスの起始と停止と機能 ハムストリングスThe hamstring muscle 【ハムストリングスの起始と停止】 半腱様筋(はんけんようきん) 半膜様筋(はんまくようきん) 大腿二頭筋(だいたいにとうき...

他の寝ながらできるストレッチの方法

もも裏のストレッチの方法一覧

\  詳しくはイラストをクリック!  /

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
立って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子に座りながらできるもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
椅子に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
脚をクロスして行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
脚を高く上げるためのもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
床に座って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
片膝立ち姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
仰向けで脚を上げて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)のストレッチ
壁に脚をかけて行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
ダウンドッグ姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
フォームローラーの使い方【もも裏(ハムストリングス)】
マッサージボールの使い方【もも裏(ハムストリングス)】
グリッドフォームローラーの使い方【もも裏(ハムストリングス)】

もも裏のストレッチの方法一覧

あわせて読みたい
真っ直ぐ綺麗にひざを伸ばせるようになろう!ハムストリングスのストレッチのコツ 2022/09/30動画を作成しました。 https://youtu.be/keSBjQfLsg4 ストレッチ中に「ひざが真っ直ぐ伸びてない!」と注意されることが多いと思います。しかし、体の硬い人...

このページの情報は役に立ちましたか?

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次