毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

脚をクロスして行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

スポンサーリンク

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ

もも裏の柔軟性向上,  もも裏の凝り緩和,  前屈の柔軟性向上

脚をクロスして行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

  1. 脚をクロスして立つ
  2. 上体を前に傾ける
  3. もも裏の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

脚をクロスして立つ

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

左脚を右脚の前にクロスして立ちます。(左足は爪先立ちのように立ちバランスをとりましょう。)

上体を前に傾ける

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

上体を前に傾けていきます。

もも裏の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

右のもも裏の筋肉(ハムストリングス)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 脚を交差することで、もも裏を伸ばしたい後ろ脚の膝が曲がりにくくなり、ハムストリングスを効果的にストレッチすることができます。
  • 腰が丸まると、十分にもも裏の筋肉をストレッチできません。
    腰を反らせて骨盤を立てる(前傾する)と腰の丸まりを防ぐことができます。
  • 膝や腰に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくはこちら

太ももの裏の半腱様筋半膜様筋大腿二頭筋を総称してハムストリングスと呼びます。

他のもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

もも裏のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  脚を高く上げる,  前屈の柔軟性向上