ストレッチ教室体験1000円。月2回3300円から。

脚をクロスして行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチの方法

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介していきます。
脚を交差することで、もも裏を伸ばしたい後ろ脚の膝が曲がりにくくなり、ハムストリングスを効果的にストレッチすることができます。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

ハムストリングス
もも裏の筋肉(ハムストリングス)
【図は左大腿後面】

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

後ろ脚の太ももの後面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの裏から太ももの後ろ面〜骨盤の坐骨のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくははこちら

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ

  1. 右脚の前に左脚をクロスして立ちます。(左足は爪先立ちのようにバランスととりましょう)。
  2. 1の姿勢から上体を傾けて、右脚のもも裏の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 腰が丸まると、十分にもも裏の筋肉をストレッチできません。
    腰を反らせて骨盤を前傾位にすると腰の丸まりを防ぐことができます。
  • この姿勢が不安定な場合は、脚をクロスしないで行うか、床に座った姿勢でストレッチしましょう。

ほかのハムストリングスのストレッチ方法

立った姿勢から上体を傾けるのが不安定で、ストレッチ中にリラックスできなかったり、転倒の恐れがある場合は床に座ったポジションや、椅子に座った姿勢でストレッチしましょう。

画像をクリックするとストレッチの方法のページに移動します。

もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で行う左右両方のもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ椅子に脚をかけて行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ
片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法マッサージボールの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】
フォームローラー(マッサージローラー)の使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】脚をクロスして行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ壁に脚をかけて行う行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

さいごに

脚を交差することで、もも裏を伸ばしたい脚の膝が曲がりにくくなりストレッチの強度を高くすることができます。脚をクロスした姿勢でグラグラしてしまう場合は他の方法でもも裏をストレッチしてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました