マッサージボールの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】

マッサージボー ルの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】
マッサージボールを使ってもも裏の筋肉(ハムストリングス)をほぐす方法を紹介します。
大きめのボールを使うとハムストリングスに当てやすいですし、筋肉の深部まで刺激を加えられます。
この記事で使用しているボールは5インチ(12.7cm)です。

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MB5 大きいモデル
トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MB5 大きいモデル
スポンサーリンク

マッサージボールを当てる筋肉

もも裏の筋肉(ハムストリングス)
ハムストリングス(横から)

 
マッサージボールを当てる場所(ハムストリングス)

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくははこちら

ハムストリングスの起始と停止と機能
ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。

マッサージボールでハムストリングスをほぐす方法

もも裏の筋肉(ハムストリングス)をマッサージボールでほぐす方法

マッサージボールでハムストリングスをほぐす方法

  • もも裏にマッサージボールを当てて、坐骨〜もも裏あたりを転がします。
  • マッサージ後にストレッチを行うと関節可動域の改善(柔軟性向上)の効果も期待できます。

ハムストリングスのストレッチ方法

もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉を紹介しています。
仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。
仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。
片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。 前後開脚の練習にも適しています。
椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。
立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。

フォームローラーを使ってハムストリングスをほぐす方法

フォームローラー(マッサージローラー)の使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】
もも裏の筋肉(ハムストリングス)をほぐすフォームローラー(マッサージローラー)の使い方を紹介しています。

さいごに

ストレッチをしても筋肉の張りがとれないときは、マッサージボールを使うと緊張がとれやすくなります。
あまり強く当てすぎないようにして打撲や肉離れが起こらない強さでマッサージしましょう。

■このマッサーボールは殿部の筋肉のマッサージにも利用できます。

マッサージボールの使い方【ハムストリングスと殿部(中殿筋・大殿筋)のマッサージ&ストレッチ方法】
マッサージボールを使ったもも裏(ハムストリングス)と殿部(中殿筋・大殿筋)のマッサージ方法と、ストレッチ方法を紹介しています。マッサージボールをうまく活用してストレッチの効果を上げていきましょう。
ストレッチの方法
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ