【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

もも裏(ハムストリングス)のストレッチ

スポンサーリンク

もも裏(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチの強度
★〜★★★

こんな人におすすめ

もも裏の柔軟性向上,  もも裏の凝りの緩和,  前屈の柔軟性向上

もも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

床に座り一方の脚を前に伸ばす
上体を前に傾ける
もも裏の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1. 床に座り一方の脚を前に伸ばす

もも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

床に座り、右脚を前に伸ばし、左脚はアグラのように曲げてください。

2. 上体を前に傾ける

もも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

上体を前に傾けていってください。

3. もも裏の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

もも裏(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

右のもも裏の筋肉(ハムストリングス)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ストレッチの強度の調整の方法

上体を前に傾ける角度を大きくしていくと、ハムストリングスのストレッチの強度が高くなります。
*腰に負担のかからない範囲で強度を大きくしていきましょう。

1.上体を傾けて手を足首あたりまで伸ばす
もも裏(ハムストリングス)を柔軟にしていく方法

2.上体を傾けて手で足のつま先をつかむ
もも裏(ハムストリングス)を柔軟にしていく方法

3.上体を傾けて手で足の裏をつかむ
もも裏(ハムストリングス)を柔軟にしていく方法

4.上体を傾けて足の奥の方で手を組む
もも裏(ハムストリングス)を柔軟にしていく方法

5.上体を傾けて足の裏の先で手首をつかむもも裏(ハムストリングス)を柔軟にしていく方法

  • 上体をたおす角度によってストレッチの強度を調整していきましょう。
  • ストレッチを続けていくと段々と手が遠くにのび上体が傾いてくるようになります。
    余裕が出てきたら少しずつ手を遠くに伸ばしてストレッチしていきましょう。
  • 膝や腰に痛み、違和感が出る場合は中止してください。

床に座って行うハムストリングスのストレッチの動画

もも裏の筋肉ストレッチ方法(つま先を持つ)

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくはこちら

太ももの裏の半腱様筋半膜様筋大腿二頭筋を総称してハムストリングスと呼びます。

他のもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

もも裏のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  脚を高く上げる,  前屈の柔軟性向上

コメント

  1. […] もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉を紹介しています。nobiru-karada […]