個人指導・リラクゼーションのみ短縮営業のお知らせ
5/23(土)AM9:30ストレッチ教室YouTubeライブ配信

体の硬い方にも無理なく気持ち良く続けられるストレッチ教室です。

詳細はこちら

立った姿勢で行う左右両方のもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

スポンサーリンク
もも裏のストレッチの方法 ストレッチの方法

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

立位前屈の姿勢で左右両方のもも裏の筋肉を伸ばします。手を足の裏で押さえて行うので、転倒に注意してストレッチしてください。立位前屈で手の拳〜手の平が着くくらいの柔軟性の人が行うとよいでしょう。

もも裏の筋肉が伸びているのを意識しましょう

ハムストリングス
もも裏の筋肉(ハムストリングス)
【図は左大腿後面】

もも裏(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

左右両方の脚の太ももの後面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの裏から太ももの後ろ面〜骨盤の坐骨のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくははこちら

太ももの裏の半腱様筋半膜様筋大腿二頭筋を総称してハムストリングスと呼びます。

立った姿勢で行うハムストリングスのストレッチの方法

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

  1. 軽く膝を曲げた姿勢で、足の裏で手の平を押さえてください。手の平全体を押さえるのがむずかしい場合は指先だけなどにしましょう。
  2. 1の姿勢からゆっくりと膝を伸ばして、左右のもも裏の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 転倒しそうな場合は椅子や床に座った姿勢でストレッチしてください。

もも裏(ハムストリングス)のストレッチ

画像をクリックするとストレッチの方法のページに移動します。

もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ椅子に脚をかけて行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法
仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法マッサージボールの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】フォームローラー(マッサージローラー)の使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】

さいごに

初めは膝が真っ直ぐに伸びなくてもよいので、もも裏の筋肉の伸びているところでポーズをキープしましょう。続けていると徐々に膝が伸びてくるようになります。膝がなかなか真っ直ぐにならない場合はふくらはぎのストレッチも一緒に行ってみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました