【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

立った姿勢で行う左右両方のもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

スポンサーリンク

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ

股関節の柔軟性向上,  脚を高く上げる,  前屈の柔軟性向上

立った姿勢で行う左右両方のもも裏(ハムストリングスのストレッチの方法

膝を曲げた姿勢で足の裏で手の平を押さえる
ゆっくり膝を伸ばす
もも裏の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1. 膝を曲げた姿勢で足の裏で手の平を押さえる

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

軽く膝を曲げた姿勢で、足の裏で手の平を押さえてください。

手の平全体を押さえるのがむずかしい場合は、指先だけなどにしましょう。

2. ゆっくり膝を伸ばす

立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ

ゆっくりと膝を伸ばしてください。

3. もも裏の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

もも裏(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

左右のもも裏の筋肉(ハムストリングス)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 転倒に注意してストレッチしてください。
    立位前屈で手の拳〜手の平が着くくらいの柔軟性の人が行うとよいでしょう。
  • 初めは膝が真っ直ぐに伸びなくてもよいので、もも裏の筋肉の伸びているところでポーズをキープしましょう。
    続けていると徐々に膝が伸びてくるようになります。
  • 膝がなかなか真っ直ぐにならない場合は、ふくらはぎのストレッチも一緒に行ってみてください。
  • 膝や腰に痛み、違和感が出る場合は中止してください。
  • 転倒の恐れがある場合は床に座ったポジションや、椅子に座った姿勢でストレッチしましょう。

ハムストリングスの動作や解剖について詳しくはこちら

太ももの裏の半腱様筋半膜様筋大腿二頭筋を総称してハムストリングスと呼びます。

他のもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

もも裏のストレッチの方法
15種のストレッチ

股関節の柔軟性向上,  脚を高く上げる,  前屈の柔軟性向上