初めてのご利用の方へ【初回カウンセリング割引キャンペーン】

ストレッチと機能解剖学(下肢・骨盤帯)

スポンサーリンク

下肢の機能解剖学

2022.12.02
骨盤帯の筋肉を追加しました。

下肢・骨盤帯の機能解剖学検索フォーム

「複数選択」、「必要のない項目は選択無し」で検索可能です。

下腿の筋肉

下腿前面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

下腿後面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

*下腿三頭筋は、腓腹筋とヒラメ筋の総称となります。

下腿外側面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

下腿内側面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

下腿の筋肉の神経支配

スポンサーリンク

大腿の筋肉

大腿前面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の起始と停止と機能
大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。

大腿後面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

ハムストリングスの起始と停止と機能
ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。

大腿内側面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

内転筋群の起始と停止と機能
内ももの内転筋群は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の総称です。内転筋群は脚を内側に閉じる股関節の内転動作の際に働いている筋肉です。

大腿外側面

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

骨盤帯の筋肉

骨盤後面の筋肉

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

殿筋群の起始と停止と機能
殿筋群のストレッチでは、骨盤の後面や側面の筋肉を意識することが大切です。股関節を曲げる動作や内側に閉じる動作のほかに、股関節を捻る動作をコントロールしてストレッチしましょう。

骨盤前面の筋肉

画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

上肢と体幹の筋肉

このページの情報は役に立ちましたか?