毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチ

スポンサーリンク

前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ

もも前の柔軟性向上, 前後開脚の柔軟性向上

骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

  1. ベッドにねて片方の脚を垂らす
  2. 左手で左足をつかんで膝を曲げる
  3. 右手で右膝を抱えこむ
  4. 左脚のもも前〜骨盤前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

ベッドにねて片方の脚を垂らす

腸腰筋と大腿直筋のストレッチで股関節を伸展させる

ベッドにねて片方の脚を垂らして足をつかんでください。

左手で左足をつかんで膝を曲げる

腸腰筋と大腿直筋のストレッチで股関節を伸展させてから膝関節を屈曲させる

左手で左足をつかみ膝を曲げてください。

右手で右膝を抱えこむ

腸腰筋と大腿直筋のストレッチ

右手で右膝を抱えこんでください。

左脚のもも前〜骨盤前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

腸腰筋と大腿直筋のストレッチで伸びるところ

左脚のもも前〜骨盤前の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 下に垂らした脚の太ももを下げたり(股関節の伸展)、右膝を抱え込む(股関節の屈曲)を他の人が手伝ってあげてもよいでしょう。
    補助する人は、必ずストレッチしている本人に痛みが出ていないかなど声がけをして、関節などに痛みが出ていないか確認しながら行っってください。
  • 左右の脚を前後に広げる前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメのストレッチです。
  • 腰やソケイ部に違和感や痛みが出る場合は中止しましょう。

このストレッチがむずかしい場合はこちらのストレッチから

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ2
骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチを紹介しています。 股関節の伸展動作と、膝関節の屈曲動作の二つの動作をコントロールすることが大切です。

腸腰筋・大腿直筋の解剖学

腸腰筋は骨盤の前面、大腿直筋は骨盤から太ももの前面の筋肉です。

腸腰筋(ちょうようきん)の起始・停止と機能
腸腰筋(ちょうようきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 腸腰筋は股関節の屈曲、股関節の外旋のときに働いています。
大腿直筋(だいたいちょっきん)の起始・停止と機能
大腿直筋(だいたいちょっきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 大腿直筋は、膝関節の伸展と股関節の屈曲動作、骨盤の前傾の際に働いています。

他の腸腰筋・大腿直筋のストレッチの方法

骨盤前面〜もも前のストレッチの方法
5種のストレッチ

もも前の柔軟性向上,  前後開脚の柔軟性向上,  反り腰の改善

他のもも前のストレッチの方法

もも前のストレッチの方法
14種のストレッチ

 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上