10月ストレッチ教室スタートキャンペーン!参加者募集中!

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

スポンサーリンク
もも前のストレッチの方法一覧

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ
 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上,  鳩のポーズの柔軟性向上

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチの方法

1. アグラの姿勢から片脚を後ろに伸ばし、足を持つ

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

アグラの姿勢から右脚を後ろの伸ばし、手で足を持ちます。

2. 踵をお尻に近づけて膝を曲げる

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

手で踵をお尻に近づけて膝を曲げてください。

3. もも前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

右脚のもも前の筋肉(大腿四頭筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ヨガの鳩のポーズのように腕に足を引っかけてもよいです。

鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

POINT

  • 膝を曲げる動作やヨガの鳩のポーズを柔らかくしたい人にオススメのストレッチです。
  • ストレッチする脚の膝の位置を後ろにすると、ストレッチの強度が高くなります。

NG

  • 腰や膝、足首に痛みが出る場合は中止してください。

鳩のポーズで後ろ脚が硬い人は腸腰筋のストレッチも

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで意識する動作

膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)

膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)

脚を後ろの伸ばす動作(股関節の伸展)

脚を後ろの伸ばす動作(股関節の伸展)

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の解剖学

太ももの前側の大腿直筋(だいたいちょっきん)内側広筋(ないそくこうきん)中間広筋(ちゅうかんこうきん)外側広筋(がいそくこうきん)を総称して大腿四頭筋と呼びます。

他のもも前(大腿四頭筋)のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

床に座って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

正座姿勢から行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

横向きにねた姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ