毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ2

スポンサーリンク
ストレッチの方法 骨盤前面〜もも前のストレッチの方法

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ

 もも前の柔軟性向上,  前後開脚の柔軟性向上,

骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

  1. 片膝立ちになる
  2. 骨盤を前に移動して腰を落とす
  3. 手で後ろの足をつかむ
  4. 手で後ろ脚の膝を曲げる
  5. 後ろ脚のもも前〜骨盤前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

片膝立ちになる

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

左膝を床に着いて片膝立ちの姿勢をつくってください。

骨盤を前に移動して腰を落とす

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

骨盤を前に移動して腰を落としてください。

手で後ろの足をつかむ

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿四頭筋)のストレッチ

腰を落とした姿勢のまま、手で左足をつかんでください。

手で後ろ脚の膝を曲げる

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿四頭筋)のストレッチ

手で後ろ脚の膝を曲げます。

後ろ脚のもも前〜骨盤前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチで伸びる場所

左脚(後ろ脚)のもも前〜骨盤前の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 脚を後ろに伸ばす(股関節の伸展)動作と、膝を曲げる(膝関節の屈曲)動作をコントロールする強度の高いストレッチ になります。
  • 前後開脚で後ろ脚の骨盤が正面に向かないという人にもおすすめです。
  • 後ろ脚の膝に大きく体重がかかります。膝にクッションを敷いたり、厚手のストレッチマットの上でストレッチしましょう。
  • 腰やソケイ部に違和感や痛みが出る場合は中止しましょう。

もも前〜骨盤前の筋肉のストレッチ方法の動画

骨盤の前〜もも前のストレッチ2

このストレッチがむずかしい場合はこちらのストレッチから

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ1
骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法を紹介しています。

このストレッチが楽な場合はこのストレッチにチャレンジ!

前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチ
前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチを紹介しています。前後開脚の後ろ脚の方の柔軟性を高めたい場合は、後ろ脚の腸腰筋と大腿直筋をストレッチするとよいでしょう。

腸腰筋・大腿直筋の解剖学

腸腰筋は骨盤の前面、大腿直筋は骨盤から太ももの前面の筋肉です。

腸腰筋(ちょうようきん)の起始・停止と機能
腸腰筋(ちょうようきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 腸腰筋は股関節の屈曲、股関節の外旋のときに働いています。
大腿直筋(だいたいちょっきん)の起始・停止と機能
大腿直筋(だいたいちょっきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 大腿直筋は、膝関節の伸展と股関節の屈曲動作、骨盤の前傾の際に働いています。

他の腸腰筋・大腿直筋のストレッチの方法

骨盤前面〜もも前のストレッチの方法
5種のストレッチ

もも前の柔軟性向上,  前後開脚の柔軟性向上,  反り腰の改善