子どもストレッチ教室の生徒募集中!

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ2

ストレッチのイラストをnoteにまとめました。【6月限定割引1380円→980円】「イラストでわかりやすいストレッチ大辞典」

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
もも前の柔軟性向上 
前後開脚の柔軟性向上 
[

目次

【1分解説動画】骨盤前面(腸腰筋)ともも前(大腿四頭筋)のストレッチ

骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

1. 片膝立ちになる

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

左膝を床に着いて片膝立ちの姿勢をつくってください。

2. 骨盤を前に移動して腰を落とす

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

骨盤を前に移動して腰を落としてください。

3. 手で後ろの足をつかむ

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

腰を落とした姿勢のまま、手で左足をつかんでください。

4. 手で後ろ脚の膝を曲げる

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

手で後ろ脚の膝を曲げます。

5. 後ろ脚のもも前〜骨盤前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

左脚(後ろ脚)のもも前〜骨盤前の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

POINT
脚を後ろに伸ばす(股関節の伸展)動作と、膝を曲げる(膝関節の屈曲)動作をコントロールする強度の高いストレッチ になります。

前後開脚で後ろ脚の骨盤が正面に向かないという人にもおすすめです。
後ろ脚の膝に大きく体重がかかります。膝にクッションを敷いたり、厚手のストレッチマットの上でストレッチしましょう。

NG
腰やソケイ部に違和感や痛みが出る場合は中止しましょう。

あわせて読みたい
前後開脚(スピリッツ)を柔らかくするために、前脚と後ろ脚を分けてストレッチしよう! ダンスや新体操、バレエなどをやっている人は、演技の振り付けの中で前後開脚(スピリッツ)の動作の柔軟性が必要になってきます。演技で美しく前後開脚を魅せるために...

ストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

ストレッチを続けていると、だんだんと膝が深く曲げられるようになってきます。

腸腰筋と大腿直筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ
腸腰筋と大腿直筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ
腸腰筋と大腿直筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

もも前〜骨盤前の筋肉のストレッチ方法の動画

腸腰筋と大腿直筋のストレッチで意識する動作

あわせて読みたい
膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 130度 作用する筋肉 半腱様筋,半膜様筋,大腿二頭筋,縫工筋,腓腹筋
あわせて読みたい
脚を後ろに伸ばす動作(股関節の伸展)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 15度 作用する筋肉 大殿筋,半腱様筋,半膜様筋,大腿二頭筋
あわせて読みたい
骨盤の前傾と後傾のトレーニング 【【21分】(骨盤の動きを意識しよう!骨盤の動きを良くするストレッチ】 骨盤の動きを良くするストレッチためのストレッチプログラムです。 骨盤を立てる(前傾)動作...

腸腰筋(ちょうようきん)・大腿直筋(だいたいちょっきん)の解剖学

腸腰筋は腰椎から骨盤の前面、大腿直筋は骨盤から太ももの前面の筋肉です。

あわせて読みたい
腸腰筋(ちょうようきん)の起始・停止と機能 【主な働き】股関節の屈曲、外旋、骨盤の前傾
【神経支配】腰神経叢、大腿神経(L2・3・4)
あわせて読みたい
大腿直筋(だいたいちょっきん)の起始・停止と機能 【主な働き】膝関節の伸展、股関節の屈曲
【神経支配】 大腿神経(L2・3・4)

骨盤前面〜もも前のストレッチの方法一覧

\  詳しくはイラストをクリック!  /

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ
骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ
骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法
椅子を使って行う骨盤前〜太ももの前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ
前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチ
【反り腰姿勢や腰痛の改善に】正座姿勢から行う腸腰筋のストレッチ

骨盤前面〜もも前のストレッチの方法一覧

このページの情報は役に立ちましたか?

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次