ストレッチ個人指導・リラクゼーション【初回体験割引40分:3000円】

四つ這いで行う骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

スポンサーリンク
骨盤前面〜もも前のストレッチの方法一覧

四つ這いで行う骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
もも前の柔軟性向,  腰痛の緩和,  反り腰の改善

骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

1. 片膝立ちになる

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

四つ這いの姿勢から右足を前につけ、左膝を後ろにつけます。

2. 骨盤を床の方へ沈める

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

骨盤を床の方に沈めていきます。

3. 後ろ脚のもも前〜骨盤前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチで伸びる場所

左脚(後ろ脚)のもも前〜骨盤前の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

骨盤を後傾位にコントロールすると腸腰筋が伸びやすいです。

POINT

  • 腸腰筋のストレッチで股関節を伸展させるときは、腰椎が前弯、骨盤が前傾しやすいです。
    骨盤を後傾、腰椎を後弯位をコントロールしながら股関節を伸展させていきましょう。

NG

  • 腰やソケイ部に違和感、痛みが出る場合は中止しましょう。

ストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

腸腰筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

腸腰筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

腸腰筋のストレッチの動作が柔らかくなっていくイメージ

床にひざを着く位置が後ろになり、だんだんと骨盤が床の方に落ちてきます。

もも前〜骨盤前の筋肉のストレッチ方法の動画

骨盤前面(腸腰筋)のストレッチで意識する動作

脚を後ろの伸ばす動作(股関節の伸展)

脚を後ろの伸ばす動作(股関節の伸展)

骨盤を寝せる動作(骨盤の後傾)

骨盤を寝せる動作(骨盤の後傾)

腸腰筋(ちょうようきん)・大腿直筋(だいたいちょっきん)の解剖学

腸腰筋は腰椎から骨盤の前面、大腿直筋は骨盤から太ももの前面の筋肉です。

他の腸腰筋・大腿直筋のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチ

椅子を使って行う骨盤前〜太ももの前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ