台風のため、明日12日(土)は臨時休業とさせていただきます。

椅子を使って行う腸腰筋と大腿直筋のストレッチ

もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法
椅子を使って行う腸腰筋・大腿直筋のストレッチの方法を紹介します。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

骨盤前面の筋肉(腸腰筋)
ソケイ部の筋肉(腸腰筋)

もも前の筋肉(大腿直筋)
もも前の筋肉(大腿直筋)

もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチで伸びる場所

後ろ脚の太もも前面〜骨盤の前面の部位が伸びるのを意識しましょう。

腸腰筋の動作や解剖について詳しくははこちら

腸腰筋の起始・停止と機能
腸腰筋の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。

もも前〜骨盤前の筋肉のストレッチの方法

もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

  1. 左足を椅子にのせて片脚立ちの姿勢をとります。
  2. この姿勢から右膝を曲げて(前脚)腰を落とします。左脚(後ろ脚)のもも前〜骨盤前の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • グラグラして安定しない場合は床で行うストレッチから始めましょう。
骨盤の動かし方を覚えてより効果的なストレッチができるようにしよう
骨盤の動きを意識することで、より股関節の動作が強調することができ、ストレッチの効果を得ることができます。骨盤の前傾と後傾動作を学習して、ストレッチの際に骨盤をコントロールできるようにしていきましょう。

いろいろな腸腰筋と大腿直筋のストレッチの方法

片脚立ちが不安定な場合は四つん這いのポジションなどでストレッチしましょう。

もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法片膝立ちで
【ストレッチの強度】
★★★
もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法膝も曲げる
【ストレッチの強度】
★★★★★
もも前〜骨盤前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法四つん這いで
【ストレッチの強度】
★★
椅子を使って行う腸腰筋・大腿直筋のストレッチ椅子を使って
【ストレッチの強度】
★★★

さいごに

上体を真っ直ぐに起こすと腸腰筋が伸びやすいです。上体をお越した時は腰が反らないように注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました