10月ストレッチ教室スタートキャンペーン!参加者募集中!

立って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

スポンサーリンク
もも前のストレッチの方法一覧

立って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ
 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上

立った姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチの方法

1. 立った姿勢で一方の足の甲をもつ

もも前のストレッチ

立った姿勢で、左足の甲を軽く持ってください。

2. 足のかかとをお尻に近づけて膝を曲げる

もも前のストレッチ

手で左足のかかとをお尻に近づけて、膝を曲げていきます。

3. もも前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

立って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

左脚のもも前の筋肉(大腿四頭筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ストレッチの強度の調整の方法

膝を曲げた状態から、膝を体の後ろの方に引いていくと、大腿四頭筋のストレッチの強度が高くなります。

もも前のストレッチ

もも前のストレッチ

大腿四頭筋のストレッチの効果を得るためのポイント

もも前(大腿四頭筋)がうまくストレッチできない例

膝を曲げたときに、膝が体幹の前方に出てしまうと大腿四頭筋が十分にストレッチされません。

太ももの角度を体幹と真っ直ぐか少し後ろにキープして、膝を曲げていきましょう。

腰が大きく反ってしまうと、十分にもも前の筋肉をストレッチできません。腰が反ってしまう場合は骨盤を後傾位にキープしながら、膝を曲げていきましょう。

POINT

  • スポーツでは、地面が濡れていたり床に座るスペースが設けられない環境下でウォーミングアップを行わなくてはいけない場面もあります。そのような環境下では、立った姿勢でストレッチを行うとよいでしょう。
  • 筋量が多く太ももとふくらはぎが太い人では、正座のように床に座った姿勢でひざを深く曲げるとひざ裏に圧迫感が出てしまうことがあります。そのような人にも立った姿勢で行うストレッチがオススメです。

NG

  • 膝や足首に違和感、痛みが出る場合は中止してください。

グラグラしてしまう場合はこのストレッチ

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで意識する動作

膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)

膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)

脚を後ろの伸ばす動作(股関節の伸展)

脚を後ろの伸ばす動作(股関節の伸展)

骨盤を寝せる動作(骨盤の後傾)

骨盤を寝せる動作(骨盤の後傾)

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の解剖学

太ももの前側の大腿直筋(だいたいちょっきん)内側広筋(ないそくこうきん)中間広筋(ちゅうかんこうきん)外側広筋(がいそくこうきん)を総称して大腿四頭筋と呼びます。

他のもも前(大腿四頭筋)のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

床に座って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

横向きにねた姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ