【夏休み短期】子どもストレッチ教室の参加者募集中!

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

ストレッチのイラストをnoteにまとめました。「イラストでわかりやすいストレッチ大辞典」

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
もも前の凝り緩和 
膝を曲げる動作の柔軟性向上 

目次

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

1. 床に座り左膝を曲げる

床に座って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

床に座り、左膝を曲げてください。

2. 左膝の上に右足をのせる

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

左膝の上に右足をのせます。

3. 上体を後ろに傾けていく

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

上体を後ろに傾けていきます。

4. もも前の筋肉が伸びているところで15秒~30秒キープ

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

左のもも前の筋肉(大腿四頭筋)が伸びているところで15秒~30秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

POINT
ストレッチしている脚の膝の上にもう一方の足を乗せると、膝が浮かずストレッチの強度が高くなります。

上体を後ろに傾けていく角度を大きくすると、ストレッチの強度が高くなります。腰が反らないように注意して少しずつ上体を後ろに傾けていきましょう。

NG
腰や膝、足首に痛みが出る場合は中止してください。

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで意識する動作

あわせて読みたい
膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 130度 作用する筋肉 半腱様筋,半膜様筋,大腿二頭筋,縫工筋,腓腹筋
あわせて読みたい
骨盤の前傾と後傾のトレーニング 【21分】(骨盤の動きを意識しよう!骨盤の動きを良くするストレッチ 骨盤の動きを良くするストレッチためのストレッチプログラムです。 骨盤を立てる(前傾)動作と、...

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の解剖学

太ももの前側の大腿直筋(だいたいちょっきん)内側広筋(ないそくこうきん)中間広筋(ちゅうかんこうきん)外側広筋(がいそくこうきん)を総称して大腿四頭筋と呼びます。

あわせて読みたい
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の起始と停止と機能 大腿四頭筋(だいたいしとうきん) Quadriceps muscle 大腿四頭筋の起始と停止 大腿直筋 中間広筋 内側広筋 外側広筋 大腿四頭筋は、太ももの前面にある筋肉です。 大腿...

もも前のストレッチの方法一覧

\  詳しくはイラストをクリック!  /

立って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
しゃがんだ姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
床に座って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
正座姿勢から行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法
前後開脚(スピリッツ)のを柔らかくしたい人にオススメのもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
前後開脚(スピリッツ)の動作を柔らかくしたい人にオススメの腸腰筋と大腿直筋のストレッチ
横向きにねた姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ
鳩のポーズのような姿勢で行うもも前(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ
フォームローラーの使い方【もも前(大腿四頭筋)】
マッサージボールの使い方【もも前(大腿四頭筋)】
グリッドフォームローラーの使い方【もも前(大腿四頭筋)】

もも前のストレッチの方法一覧

あわせて読みたい
もも前の筋肉(大腿四頭筋)をより柔らかくして可動域を広げるストレッチの進め方 身体の硬い人がいきなり強度の高い大腿四頭筋のストレッチを行うと、ひざや腰を痛める原因となってしまいます。「前後開脚ができるようになりたい」というような高い目...

このページの情報は役に立ちましたか?

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで膝を浮かさずに行う方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次