台風のため、明日12日(土)は臨時休業とさせていただきます。

オフィスでお仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法

椅子につかまって行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法
片脚立ちのままもう一方のひざを曲げる動作はグラグラして立っていられない人が少なくありません。バランスをとることに精一杯では、なかなかもも前の筋の伸長感に意識が集中できません。椅子につかまっていれば、片脚立ちの姿勢でもグラグラせずにストレッチすることができます。
長時間座って仕事をしていると腰が固まるという人にもオススメのストレッチです。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

もも前の筋肉(大腿四頭筋)
もも前の筋肉(大腿四頭筋)

椅子につかまって行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチで伸びる場所

膝を曲げた方の脚の太ももの前面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの上から太ももの前面のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

大腿四頭筋の動作や解剖について詳しくははこちら

大腿四頭筋の起始と停止と機能
大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。

立った姿勢で行う大腿四頭筋ストレッチの方法

椅子につかまって行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法1

椅子につかまって行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法2

  1. 椅子につかまって立った姿勢で足の甲を軽く持ちます。
  2. 足のかかとをお尻に近づけてひざを曲げていきます。もも前の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 腰が沿ってしまい、もも前の筋肉がうまく伸びないときは、下腹部に力を入れて腰の反りを防ぎましょう。

ストレッチの強度の調整の方法

ひざを曲げた状態から、ひざを体の後ろの方に引いていくと、大腿四頭筋のストレッチの強度が高くなります。

椅子につかまって行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法3

【ひざを曲げた状態からひざを体の後ろの方に引く】
腰が反らないよう注意して動作を行いましょう。

さいごに

椅子に座っている姿勢は股関節の屈曲という姿勢で、股関節の屈曲には太もも前面の大腿四頭筋の一つである大腿直筋が働いています。
ひざを曲げたまま、ひざを後ろに引く動作(股関節の伸展)のストレッチを行うことで大腿直筋もストレッチすることができます。
ずっと座って同じ姿勢を続けていると、筋肉が硬くなります。こまめにストレッチして筋肉の緊張を和らげていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました