【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

スポンサーリンク

うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上,

うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチの方法

うつ伏せの姿勢で一方の足の甲をもつ
足のかかとをお尻に近づけて膝を曲げる
もも前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1. うつ伏せの姿勢で一方の足の甲をもつ

うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

うつ伏せの姿勢で、左足の甲を軽く持ってください。

2. 足のかかとをお尻に近づけて膝を曲げる

うつ伏せで行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

手で左足のかかとをお尻に近づけて、膝を曲げていきます。

3. もも前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで伸びる場所

左脚のもも前の筋肉(大腿四頭筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 床にねたリラックスした姿勢でストレッチを行えますが、大腿四頭筋が硬い人では、ひざを曲げたときにお尻が持ち上がる「尻上がり現象」が出たり、腰の反りが強く出てしまい腰痛を引き起こすこともあります。
    「尻上がり現象」や腰の反りに注意をしてストレッチしましょう。
  • 筋量が多く太ももとふくらはぎが太い人では、正座のように床に座った姿勢でひざを深く曲げるとひざ裏に圧迫感が出てしまうことがあります。そのような人にも立った姿勢で行うストレッチがオススメです。
  • うつ伏せ姿勢が苦手な人、うつ伏せ姿勢からひざを曲げたときに腰が反って痛みが出る人は、横向きにねた姿勢か床に座った姿勢で大腿四頭筋のストレッチを行いましょう。

うつ伏せで行う大腿四頭筋のストレッチ方法の動画

もも前のストレッチうつ伏せ

大腿四頭筋の動作や解剖について詳しくははこちら

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の起始と停止と機能
大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。

他のもも前のストレッチの方法

もも前のストレッチの方法
14種のストレッチ

 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上