毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

左右のもも前(大腿四頭筋)を同時に伸ばすストレッチ

スポンサーリンク

左右のもも前(大腿四頭筋)を同時に伸ばすストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ

 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上,  ブリッジの柔軟性向上

左右のもも前(大腿四頭筋)を同時に伸ばすストレッチの方法

    1. 膝を曲げてしゃがみ込む
    2. 膝を床の方に下ろす
  1. もも前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

左右の膝を曲げて正座のように座る

左右のもも前の筋肉(大腿四頭筋)を一緒にストレッチする方法

左右の膝を曲げて正座のように座ってください。足は太ももの外に出してください。

上体を後ろに傾ける

左右のもも前の筋肉(大腿四頭筋)を一緒にストレッチする方法

手を体の後ろの方について、上体を後ろに傾けていきます。

もも前の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

もも前(大腿四頭筋)のストレッチで伸びる場所

左右のもも前の筋肉(大腿四頭筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ストレッチの強度の調整の方法

上体を後ろに傾ける角度を大きくしていくと、大腿四頭筋のストレッチの強度が高くなります。
*ひざや足首、腰に負担のかからない範囲で強度を大きくしていきましょう。

左右のもも前の筋肉(大腿四頭筋)を一緒にストレッチする方法【肘を曲げて上体を後ろに傾ける】

左右のもも前の筋肉(大腿四頭筋)を一緒にストレッチする方法【肘を床につけて上体を後ろに傾ける】

左右のもも前の筋肉(大腿四頭筋)を一緒にストレッチする方法【左右の肩を床につけて仰向けになる】

  • 膝を曲げる動作やブリッジなどの動作を柔らかくしたい人にオススメのストレッチです。
  • 左右の脚を同時に行うもも前のストレッチは強度が高いです。
    両脚同時に行うストレッチが難しい場合は、片脚ずつのストレッチからチャレンジしてみてください。
  • 腰や膝、足首に痛みが出る場合は中止してください。

もも前(大腿四頭筋)のストレッチの動画

もも前のストレッチ両脚

足首が硬い人はこのストレッチも

足首を伸ばす動作の柔軟性向上に。足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法
足首を伸ばす動作の柔軟性向上のためのストレッチです。足の甲〜スネ(前脛骨筋)の筋肉が伸びているのを意識しながらストレッチしましょう。足首を伸ばすのが苦手な人、スネの筋肉の硬さや凝りがとれない人にオススメのストレッチです。
足首を伸ばす動作と回す動作で足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)をストレッチする方法
足首を伸ばす動作と回す動作で足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)をストレッチする方法を紹介しています。 足首を伸ばす動作が硬い人や、足首を回す動作が硬い人にオススメのストレッチです。

大腿四頭筋の動作や解剖について詳しくははこちら

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の起始と停止と機能
大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。

他のもも前のストレッチの方法

もも前のストレッチの方法
14種のストレッチ

 もも前の凝り緩和,  膝を曲げる動作の柔軟性向上