2/16は出張のため終日お休みとさせていただきます。

足首を伸ばす動作の柔軟性向上に。足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法

足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法
スネについている筋肉は足首を曲げる動作(足関節の背屈)や足の指を伸ばす動作(足趾の伸展)の際に働いています。

この筋肉が硬くなると、足首を真っ直ぐ伸ばせなくなったり、足の指の動作が困難になったり、とコンパートメントシンドローム(シンスプリント)の原因となります。
ランニングやサッカー競技などで硬くなりやすい筋肉です。

スポンサーリンク

スネの筋肉が伸びているのを意識しましょう

スネの筋肉(前脛骨筋・長母趾伸筋・短母趾伸筋)
スネの筋肉(前脛骨筋・長母趾伸筋・短母趾伸筋)

 
 
スネの筋肉

足首を伸ばしたときに足の甲〜スネの前面の筋肉が伸びるのを意識しましょう。
スネの前面〜足の甲のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

スネの前面の筋肉のストレッチの方法

足首を伸ばすストレッチ

足首を伸ばすストレッチ

  1. 立った姿勢で床につま先を引っかけて足首を伸ばしていきます。
  2. 足首を伸ばして、足の甲〜スネの筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープします。
  • つま先を傷めないように床にマットなどを敷いてストレッチしましょう。

スネの前面の筋肉のストレッチの動画

立った姿勢で行う足の甲〜スネのストレッチの方法【動画】
立った姿勢で行う足の甲〜スネのストレッチの方法を動画で説明しています。

ほかのスネのストレッチ方法

足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉
手で足首を伸ばしていきます。足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)が伸びているところで15〜30秒キープします。 伸びる筋肉 足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋、足趾伸筋郡)がストレッチされます。 主に意識する動作 足...
正座の姿勢から行う足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法
正座の姿勢から行う足の甲〜スネのストレッチの方法を紹介しています。ひざや足首の関節に負担がかからないよう注意しながらストレッチしましょう。

さいごに

長時間走ったり歩いたりした後は、ふくらはぎの筋肉だけでなくスネの筋肉も疲労して硬くなっていることが多いです。ふくらはぎのストレッチといっしょに取り組んでみてください。

疲労が抜けにくいときはマッサージボールでマッサージしてからストレッチするとよいでしょう。

マッサージボールの使い方【スネとふくらはぎのマッサージ&ストレッチ方法】

マッサージボールの使い方【スネとふくらはぎのマッサージ&ストレッチ方法】
マッサージボールを使ったスネとふくらはぎのマッサージ方法と、ストレッチ方法を紹介しています。
ストレッチの方法
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ