ストレッチ教室再開のお知らせ

足首を伸ばす動作の柔軟性向上に。足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法

スポンサーリンク
スネのストレッチの方法 よく読まれている記事 ストレッチの方法

足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

 スネの筋肉の凝り緩和,  足首の柔軟性向上,  足のむくみ

スネの前面の筋肉のストレッチの方法

  1. 床に足のつま先を引っかける
  2. 足の甲に軽く体重をかけて足首を伸ばす
  3. 足の甲〜スネの前側の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

立った姿勢で床に足のつま先を引っかける

足首を伸ばすストレッチ

立った姿勢で床に足のつま先を引っかけてください。

足の甲に軽く体重をかけて足首を伸ばす

足首を伸ばすストレッチ

足の甲に軽く体重をかけて足首を伸ばしていきます。

足の甲〜スネの前側の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチで伸びるところ

足の甲〜スネの前側の筋肉が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 長時間走ったり歩いたりした後は、ふくらはぎの筋肉だけでなくスネの筋肉も疲労して硬くなっていることが多いです。ふくらはぎのストレッチといっしょに取り組んでみてください。
  • つま先を傷めないように床にマットなどを敷いてストレッチしましょう。

疲労が抜けにくいときはマッサージボールでマッサージしてからストレッチするとよいでしょう。

スネの前面の筋肉のストレッチの動画

足の甲〜スネのストレッチ

スネの筋肉(前脛骨筋)の解剖学

スネについている筋肉は足首を曲げる動作(足関節の背屈)や足の指を伸ばす動作(足趾の伸展)の際に働いています。

この筋肉が硬くなると、足首を真っ直ぐ伸ばせなくなったり、足の指の動作が困難になったり、とコンパートメントシンドローム(シンスプリント)の原因となります。
ランニングやサッカー競技などで硬くなりやすい筋肉です。

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)の起始・停止と機能
前脛骨筋(ぜんけいこつきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 前脛骨筋は、足関節の背屈、足の内反動作に働いています。

他のスネのストレッチの方法

スネのストレッチの方法
8種のストレッチ

 スネの筋肉の凝り緩和,  足首の柔軟性向上,  足のむくみ

タイトルとURLをコピーしました