正座の姿勢から行う足の甲〜スネ(前脛骨筋)のストレッチ

スネのストレッチの方法 ストレッチの方法

正座の姿勢から行う足の甲〜スネ(前脛骨筋)のストレッチ
正座の姿勢で行う足の甲〜スネの筋肉のストレッチは、足首やひざの関節に負荷がかからないよう注意して行いましょう。

スポンサーリンク

スネの筋肉が伸びているのを意識しましょう

前脛骨筋
スネの筋肉(前脛骨筋)
【図は右下腿前面】

スネ(前脛骨筋)のストレッチで伸びる場所

ひざを床から浮かせて足首を伸ばしたときに足の甲〜スネの前面の筋肉が伸びるのを意識しましょう。
スネの前面〜足の甲のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

前脛骨筋の動作や解剖について詳しくははこちら

スネの前面の筋肉のストレッチの方法

正座の姿勢から行う足の甲〜スネ(前脛骨筋)のストレッチ

正座の姿勢から行う足の甲〜スネ(前脛骨筋)のストレッチ

  1. 正座の姿勢から上体を後ろに傾けて床からひざを浮かせて足首を伸ばします。
  2. ひざを浮かせたまま、足の甲〜スネの筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープします。
  • 体重がかかって、ひざや足首に痛みが出る場合は中止しましょう。

正座で行うスネの筋肉のストレッチの動画

足の甲〜スネのストレッチ正座

いろいろなスネのストレッチの方法

画像をクリックするとストレッチの方法のページに移動します。

足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチのイラストスネのストレッチのイラスト足の甲〜スネのストレッチのイラストスネの外側の筋肉(長腓骨筋)のストレッチの方法椅子に座りながらできる足の甲〜スネのストレッチの方法
マッサージローラー(フォームローラー)でスネ(前脛骨筋)の筋肉をほぐす方法マッサージボールの使い方【スネとふくらはぎのマッサージ&ストレッチ方法】

さいごに

正座の姿勢で行う足の甲〜スネの筋肉のストレッチは、柔軟性が高くなかったり体重が重い場合は足首やひざの関節に負荷がかかってしまいます。
関節に負担がかかる場合は、立った姿勢で床につま先を引っかけたり、座った姿勢で手で足首を伸ばすストレッチから始めていきましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました