もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉

スポンサーリンク

もも前(大腿四頭筋)のストレッチ
床に座った姿勢から一方の膝を曲げて上体を後ろに傾けていきます、もも前の筋肉が伸びているところで15〜30秒キープします。

伸びる筋肉

もも前の筋肉(大腿四頭筋)
膝を曲げた方の脚のもも前の筋肉(大腿四頭筋)がストレッチされます。

ストレッチの強度の調整

肘を曲げて上体を後ろに傾ける

ストレッチの強度 
*足首や膝に負担がかかる場合は横向きで

もも前の筋肉のストレッチ方法(手を床につけて上体をたおす)

肘を床につける

ストレッチの強度 ★★

もも前の筋肉ストレッチ方法(肘を床につける)

肩を床につける

ストレッチの強度 ★★★

もも前の筋肉ストレッチ方法(肩を床につける)

肩を床につけてもう一方の脚の膝を曲げる

ストレッチの強度 ★★★★

もも前の筋肉ストレッチ方法(肩つき片股関節屈曲1)

肩を床につけてもう一方の脚の膝を抱え込む

ストレッチの強度 ★★★★★

もも前の筋肉ストレッチ方法(肩を床につけてもう一方の脚の膝を抱え込む)

柔軟性アップに関わる他の関節の動作

膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)
膝を曲げる動作
(膝関節の屈曲)
股関節を後ろに伸ばす (股関節の伸展)
股関節屈曲位からの伸展
(写真は膝関節伸展位)

怪我をしないために注意するところ

もも前のストレッチで腰が反ってしまう

腰を傷めないように

腰が過度に反ると腰を痛めます。
腰が反る場合は強度を弱めて行いましょう。

もも前のストレッチで膝が浮いてしまったり足首に負担がかかる

膝や足首を傷めないように

膝が浮いたり足首に負担がかかる場合も強度を弱めましょう。

大腿四頭筋(もも前)の他のストレッチ方法

もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉
うつ伏せの姿勢から、手で足をつかみ膝を曲げていきます、もも前の筋肉が伸びているところで15〜30秒キープします。 伸びる筋肉 膝を曲げた方の脚のもも前の筋肉(大腿四頭筋)がストレッチされます。 主に意識する動作 ...
もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉
正座の姿勢から上体を後ろに傾け膝を曲げていきます、左右のもも前の筋肉が伸びているところで15〜30秒キープします。 伸びる筋肉 左右の脚のもも前の筋肉(大腿四頭筋)がストレッチされます。 主に意識する動作 こ...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
鈴木和孝

Body Motion Labでは解剖学とスポーツ医学、東洋医学をベースとしたストレッチ指導、メニュー作成などを行っています。
皆様の健康な体作りのお手伝いができれば幸いです。

鈴木和孝をフォローする
ストレッチの方法
スポンサーリンク
ボディ・モーション・ラボ