ストレッチ教室再開のお知らせ

骨盤の前〜もも前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法

スポンサーリンク
ストレッチの方法

骨盤の前〜もも前の筋肉(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ

骨盤の前〜もも前の筋肉が伸びているのを意識しましょう

骨盤前の筋肉(腸腰筋)
ソケイ部の筋肉(腸腰筋)

もも前の筋肉(大腿直筋)
もも前の筋肉(大腿直筋)

 
もも前〜ソケイ部の筋肉(大腿直筋・腸腰筋)のストレッチ

骨盤の前〜もも前の筋肉のストレッチの方法

もも前〜ソケイ部の筋肉(大腿直筋・腸腰筋)のストレッチの方法

もも前〜ソケイ部の筋肉(大腿直筋・腸腰筋)のストレッチの方法

  1. 片ひざ立ちの姿勢をとり、骨盤を前に移動します。
  2. ひざを着いた脚を後ろに伸ばして、もも前〜ソケイ部の筋肉が心地良く伸びているところで10~15秒キープします。
  • 腰や股関節、ひざに違和感が出る場合は中止しましょう。

骨盤の前〜もも前のストレッチの動画

https://nobiru-karada.com/stretch-iliopsoa-2

ほかの骨盤の前〜もも前のストレッチ方法

準備中

さいごに

腰の反りが強いと上手くストレッチできないことがあります。
腰が反ってしまう場合は、骨盤を後傾位にコントロールしてストレッチするとよいでしょう。

骨盤の動かし方を覚えてより効果的なストレッチができるようにしよう
骨盤の動きを意識することで、より股関節の動作が強調することができ、ストレッチの効果を得ることができます。骨盤の前傾と後傾動作を学習して、ストレッチの際に骨盤をコントロールできるようにしていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました