春のストレッチスタートキャンペーン!3/30まで【フォームローラープレゼント!】

お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ

お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
ふくらはぎの凝り緩和 
椅子でストレッチ 
足のむくみ

目次

ふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチの方法

1. 立って脚を前後に開く

お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ

椅子を軽くつかんで脚を前後に開いてください。

後ろ足のつま先が外に向きすぎるとふくらはぎの筋肉が伸びないので注意しましょう。

2. 後ろ脚の足首を曲げる

お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ

踵を床の方に沈めて足首を曲げていきます。

膝を伸ばすと筋肉が伸びやすいです。

3. ふくらはぎの筋肉が伸びているところで15秒~30秒キープ

お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎの筋肉が伸びているところで15秒~30秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

POINT
通勤で革靴やハイヒールを履いて歩いていると、ふくらはぎや足の甲〜スネの筋肉に疲労が溜まり硬くなりやすいです。
出社後やお仕事の合間にストレッチをして足の疲れが溜まらないようにしていきましょう。

また、長い時間座って作業をしていると足がむくみやすいです。
むくみが気になる人にもおすすめのストレッチです。作業の合間に立ち上がった時にストレッチしましょう。

ふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチで意識する動作

あわせて読みたい
足首を曲げる動作(足関節の背屈)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 20度 作用する筋肉 前脛骨筋,長趾伸筋,長母趾伸筋,第三腓骨筋
あわせて読みたい
膝を伸ばす動作(膝関節の伸展)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ 参考可動域 0度 作用する筋肉 大腿直筋,外側広筋,中間広筋,内側広筋

下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の解剖学

あわせて読みたい
下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の起始と停止と機能 【主な働き】足関節の底屈、膝関節の屈曲(腓腹筋)
【神経支配】脛骨神経(S1・2)

椅子に座りながらできるストレッチ

あわせて読みたい
椅子に座ったままここまでストレッチできる!16種のストレッチで全身スッキリ! 椅子に座ったままできる16種のストレッチメニュー です。 椅子に座りながら全身をストレッチして体スッキリ!

ふくらはぎ(下腿三頭筋)のトレーニングの方法

あわせて読みたい
ふくらはぎ(下腿三頭筋)のトレーニング【トレーニング】 ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)のトレーニングを紹介していきます。下腿三頭筋は足首を伸ばす動作(足関節の底屈)に作用する筋肉です。 ふくらはぎの筋肉を鍛えたい人...

ふくらはぎのストレッチの方法一覧

\  詳しくはイラストをクリック!  /

タオルを使ったふくらはぎ(下腿三頭筋)ともも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法

タオルを使って行うふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチの方法
壁を使ったふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
床で行うふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
ふくらはぎ(ヒラメ筋)のストレッチの方法
ダウンドッグ姿勢で行うふくらはぎのストレッチ
アキレス腱〜ふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
壁を使ったふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
壁に足をかけて行うふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
階段などの段差を使ったのふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
ストレッチボードを使ったふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ
お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ
フォームローラーの使い方【ふくらはぎ(下腿三頭筋)】
マッサージボールの使い方【ふくらはぎ(下腿三頭筋)】
グリッドフォームローラーの使い方【ふくらはぎ(下腿三頭筋)】

ふくらはぎのストレッチの方法一覧

あわせて読みたい
スネやふくらはぎの筋肉の硬さを和らげて足首を柔らかくするストレッチ ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用によって足の抹消部位の血液を体幹中枢へと送り返してくれています。 足関節の曲げ伸ばし動作が十分に行...

このページの情報は役に立ちましたか?

お仕事の合間におすすめのストレッチ!椅子につかまって行うふくらはぎのストレッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次