【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

壁を使って行う背中のストレッチ

スポンサーリンク

壁を使って行う背中のストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ
 肩甲骨の柔軟性向上,  背中の張り改善,  肩の柔軟性向上

壁を使って行う背中のストレッチの方法

両手を壁につける
お尻を後ろに引いて、腕を伸ばしていく
背中の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1.両手を壁につける

壁を使って行う背中のストレッチ

両手を壁につけてください。

2. お尻を後ろに引いて腕を伸ばしていく

壁を使って行う背中のストレッチ

壁につかまりながらお尻を後ろに引いて、腕を伸ばします。

3. 背中の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

壁を使って行う背中のストレッチ

左右のわきの下〜背中の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

ストレッチのバリエーション

片方の肩を床の方に沈めると、ストレッチの強度が高くなります。
壁を使って行う背中のストレッチ

POINT

  • 柔軟性がついてくると、腕が頭の後ろまで上がるようになってきます。
  • 手首が硬い人は、手を壁につけたときに体重がかけにくいです。手首が硬い場合はテーブルなどに手を乗せてストレッチしましょう。
  • 背中や肩、肘に違和感や痛みが出る場合は中止しましょう。
  • 女性や子どもなど関節の緩い人は、肘が反りすぎないように注意してください。

背中の動作や解剖について詳しくはこちら

 

他の背中のストレッチの方法