【初回カウンセリング割引】

壁の角を使って行う背中のストレッチ

スポンサーリンク
背中のストレッチの方法一覧

壁の角を使って行う背中のストレッチ

ストレッチの強度
★★

こんな人におすすめ
 肩甲骨の柔軟性向上,  背中の張り改善,  腰の張り改善

壁の角を使って行う背中のストレッチの方法

1.右手で壁の角を軽くつかかまる

壁の角を使って行う背中のストレッチ

親指を下にして右手で壁の角を軽くつかんでください。

2. ぶら下がるようにして体を後ろに引く

壁の角を使って行う背中のストレッチ

壁の角をつかんだまま、ぶら下がるようにして体を後ろに引いていきます。

3. 上体を内側にひねる

壁の角を使って行う背中のストレッチ

上体を内側にひねってください。

4. 背中の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

壁の角を使って行う背中のストレッチ

右の肩の後ろ〜背中の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

POINT

  • 右の肩甲骨を外側に離すように動かすと上体が捻りやすいです。

NG

  • 背中や肩、腰に違和感や痛みが出る場合は中止しましょう。

背中の筋肉の解剖学

他の背中のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

背中(広背筋)のストレッチ

強度
★★

広背筋のストレッチ

強度

背中(広背筋)のストレッチ

強度

フォームローラーの使い方【肩の後ろ〜背中(三角筋後部・広背筋)】

強度

マッサージボールの使い方【背中(広背筋)】

強度

背中のストレッチ

強度

わき腹〜背中のストレッチ

強度

上体をひねって行う背中のストレッチ

強度

肩甲骨を外に広げて背中を伸ばすストレッチ

強度
★★

椅子に座りながら行うわき腹〜背中のストレッチ

強度

壁を使って行う背中のストレッチ

強度
★★

壁を使って行う二の腕と背中のストレッチ

強度
★★

このページの情報は役に立ちましたか?