ストレッチ教室体験1000円。月2回3300円から。

もも裏のストレッチのまとめ

ストレッチの方法
ハムストリングスの起始と停止と機能
ハムストリングスのストレッチでは、骨盤の坐骨から太ももの後面の筋肉を意識すること、膝を伸ばす動作と股関節の屈曲動作をコントロールすることが大切です。
真っ直ぐ綺麗にひざを伸ばせるようになろう!ハムストリングスのストレッチのコツ
ハムストリングスのストレッチのコツを紹介しています。 ひざが曲がらないようにハムストリングスを伸ばすためには、股関節を屈曲させる(前に曲げる)、ひざを伸ばす、足首を曲げる・伸ばすという3つの動作のコントロールが必要です。

もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法床に座って
【ストレッチの強度】
★★★

立った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で片脚ずつ
【ストレッチの強度】
★★★

立った姿勢で行う左右両方のもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法立った姿勢で両脚同時に
【ストレッチの強度】
★★★★

椅子に座った姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ床に座って
【ストレッチの強度】
★★★

椅子に脚をかけて行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ椅子に脚をかけて
【ストレッチの強度】
★★★★

片膝立ち姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法片膝立ちで
【ストレッチの強度】
★★★

仰向けの姿勢でタオルを使って行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチの方法タオルを使って
【ストレッチの強度】
★★★

仰向けの姿勢で行うもも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチ仰向けで
【ストレッチの強度】
★★

仰向けの姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)とお尻(大殿筋)の筋肉のストレッチの方法膝を抱え込む
【ストレッチの強度】

マッサージボールの使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】ボールでマッサージ
【ストレッチの強度】
★★

フォームローラー(マッサージローラー)の使い方【もも裏の筋肉(ハムストリングス)】ローラーでマッサージ
【ストレッチの強度】

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました