【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

肩(三角筋後部)のストレッチの方法

スポンサーリンク

肩(三角筋)のストレッチの方法

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

肩の柔軟性向上,  腕の張り改善,

肩の後ろ(三角筋後部)のストレッチの方法

左腕を右手で支える
右手で左腕を胸の方に引き寄せる
肩の後ろの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1. 左腕を右手で支える

肩の後ろの筋肉(三角筋後部)のストレッチの方法

左腕を右手で支えてください。

2. 右手で左腕を胸の方に引き寄せる

肩の後ろの筋肉(三角筋後部)のストレッチの方法

右手で左腕を胸の方に引き寄せてください。

3. 肩の後ろの筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

肩の筋肉(三角筋後部)のストレッチで伸びる場所

左腕の肩の後ろの筋肉(三角筋後部)が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

バリエーション

左腕の角度を変えると伸びる部位を調整できます。

肩の後ろの筋肉(三角筋後部)のストレッチの方法

肩の後ろの筋肉(三角筋後部)のストレッチの方法

  • 左腕をかかえ込む際に力んで左肩が上がると、上手く三角筋をストレッチできないことあります。
    肩の力を抜いて、肩の高さを変えないでストレッチしましょう。
  • 肩の前面に痛みやツマリ感が出る場合は中止しましょう。

三角筋の動作や解剖について詳しくはこちら

三角筋(さんかくきん)の起始・停止と機能
三角筋(さんかくきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。 三角筋は、肩関節の外転の際に働いています。 三角筋の前部は、肩関節の屈曲、水平屈曲、内旋の際に働きます。三角筋の後部は、肩関節の伸展、水平伸展、外旋の際に働きます。

他の腕のストレッチの方法

肩・腕のストレッチの方法
5種のストレッチ

肩や手首の柔軟性向上,  腕の張り改善