ストレッチ教室再開のお知らせ

足の底を外側に向ける動作(足の外反)に作用する筋肉と関節可動域(ROM)のまとめ

スポンサーリンク
関節可動域(ROM) ストレッチと機能解剖学

足の底を外側に向ける動作(足の外反)の関節可動域(ROM)

足の外反(がいはん)運動(横足根間関節と距骨下関節)は、足の底が外側に向かう動きです。
外反の参考可動域20°です。
(ここでは、内がえし(底屈・回外・内転の複合運動)と、外がえし(背屈・回内・外転の複合運動)については説明していません。)

 

足の底を外側に向ける動作(足の外反)の関節可動域(ROM)と働く筋肉のまとめ
足の外反の参考可動域

足の外反
足の外反運動

足の外反動作に作用している筋肉

足の外反運動には、長腓骨筋短腓骨筋第三腓骨筋のように脛骨の外側の筋肉と、スネの前側の筋肉長趾伸筋が関与しています。

以下、画像をクリックすると各筋肉の詳細ページに移動します。

長腓骨筋

長腓骨筋
作用
・足の外反
・足関節の底屈

短腓骨筋

短腓骨筋
作用
・足の外反
・足関節の底屈

第三腓骨筋

第3腓骨筋
作用
・足の外反
・足関節の背屈

長趾伸筋

長趾伸筋
作用
・第2~5趾の伸展
・足関節の背屈
・足の外反

足の外反動作に作用している筋肉のストレッチ

スネの外側などの足の外反に働く筋肉の柔軟性が下がると、足の底を内側に向ける(内反)動作が困難となります。

足の外反に働いている筋肉をストレッチするためには、内反させる動作のストレッチを行います。

スネの外側の筋肉(長腓骨筋・短腓骨筋)のストレッチの方法
スネの外側の筋肉(長腓骨筋)のストレッチの方法を紹介しています。 スネの筋肉の硬さや凝りがとれない人にオススメのストレッチです。
タイトルとURLをコピーしました