子どもストレッチ教室の生徒募集中!

中級者向けの前屈の柔軟性向上ストレッチプログラム(8種目)

中級者向けの前屈の柔軟性向上ストレッチプログラム

 

このプログラムの所要時間は 10分 ほどです。

目次

このストレッチプログラムで伸ばせる筋肉

ふくらはぎスネもも裏お尻背中(腰)の筋肉をストレッチします。

ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎ

スネの筋肉

スネの筋肉

もも裏の筋肉

もも裏

お尻の筋肉

お尻の筋肉

背筋

背筋(腰)

ストレッチ前に前屈の柔軟性をチェックしましょう!

前屈の柔軟性をチェック

ストレッチ鈴木和孝

CHECK

プログラムを行う前に、前屈の柔軟性をチェックしましょう。

  • 指先が床につく
  • 指の第二関節が床につく
  • コブシが床につく

Let’s stretch!

ストレッチ鈴木和孝

POINT

以下に注意してストレッチしましょう。

  • ストレッチの動作は必ず痛みの出ない範囲(痛気持ち良い程度)で行う。
  • 伸びている筋肉を意識する。
  • 筋肉が伸びているところで15秒~30秒キープしてください。
    呼吸は止めず深呼吸する。

ふくらはぎのストレッチ1

ふくらはぎのストレッチ

あわせて読みたい
アキレス腱〜ふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ ストレッチの強度 ★
ふくらはぎの凝り緩和
足首の柔軟性向上
足のむくみ
ストレッチ鈴木和孝
慣れてきたら、少しずつ縦の足幅を広げていきましょう。
つま先が外に向きすぎると筋が伸びなくなるので注意!

足の甲〜スネの外側のストレッチ

スネの外側(長腓骨筋・短腓骨筋)のストレッチ

あわせて読みたい
スネの外側の筋肉(長腓骨筋・短腓骨筋)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★★
 スネの筋肉の凝り緩和
足首の柔軟性向上
ランニングの疲労回復
ストレッチ鈴木和孝
つま先を内側に向けて、足の小指側に体重をかけて前屈しましょう。

ふくらはぎのストレッチ2

ヒラメ筋のストレッチ

あわせて読みたい
ふくらはぎ(ヒラメ筋)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★★
ふくらはぎの凝り緩和
しゃがみ込みを柔らかく
足のむくみ
ストレッチ鈴木和孝
足首の前側にツマリ感が出るときは中止しましょう。

もも裏のストレッチ1

もも裏のストレッチ

あわせて読みたい
もも裏(ハムストリングス)のストレッチ ストレッチの強度 ★〜★★★
もも裏の柔軟性向上
 もも裏の凝りの緩和
前屈の柔軟性向上
ストレッチ鈴木和孝
もも裏のストレッチ1セット目!

お尻のストレッチ1

お尻のストレッチ

あわせて読みたい
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★★
股関節の柔軟性向上
腰痛予防
腰・お尻の凝り緩和
ストレッチ鈴木和孝
前後の脚を組みかえて、もう1セットストレッチしましょう。

お尻のストレッチ2

お尻のストレッチ

あわせて読みたい
アグラ姿勢で行うお尻(大殿筋)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★★
股関節の柔軟性向上
腰痛予防
腰・お尻の凝り緩和
ストレッチ鈴木和孝
背筋を伸ばしながら上体をたおすと筋がよく伸びます。

お尻〜腰のストレッチ

お尻〜腰のストレッチ

あわせて読みたい
膝を体の中央で組んだ姿勢で行うお尻(殿筋群)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★★★
股関節の柔軟性向上
腰痛予防
腰・お尻の凝り緩和
ストレッチ鈴木和孝
腕で膝をおさえて上体をひねりましょう。

もも裏のストレッチ2

もも裏のストレッチ

あわせて読みたい
もも裏(ハムストリングス)をより柔らかくして可動域を広げるストレッチの進め方 身体の硬い人がいきなり強度の高いもも裏(ハムストリングス)のストレッチを行うと、腰痛や肉離れなどの怪我の原因となってしまいます。「Y字バランスやI字バランスの...
ストレッチ鈴木和孝
もも裏のストレッチ2セット目!
1セット目よりも柔らかくなっていますように!

ストレッチ後に前屈の柔軟性を再度チェックしましょう!

ストレッチ鈴木和孝

CHECK

プログラムを行った後に、前屈の柔軟性を再度チェックしましょう。

  • 指先が床につく
  • 指の第二関節が床につく
  • コブシが床につく

前屈の柔軟性をチェック

さいごに

ストレッチ前後で体の柔軟性の変化を評価しながら日々のストレッチを続けていきましょう。

もも裏のストレッチの柔軟性の評価
床に座った姿勢で行うもも裏のストレッチでは、手がとどく場所が、スネ足首つま先足の裏足の奥で手を組む、というように変化していきます。

このページの情報は役に立ちましたか?

中級者向けの前屈の柔軟性向上ストレッチプログラム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次