春のストレッチスタートキャンペーン!3/30まで【フォームローラープレゼント!】

骨盤の前傾と後傾を意識して行うハムストリングスと大腿四頭筋のストレッチ

骨盤の前傾と後傾を意識して行うハムストリングスと大腿四頭筋のストレッチ

あわせて読みたい
骨盤の前傾と後傾を柔らかくするためのストレッチプログラム 骨盤の前傾と後傾動作を柔らかくするためのストレッチプログラムを紹介していきます。 骨盤が動かせるようになると、ストレッチの動作も滑らかに行えるようになってきま...

仰向けで行う骨盤の前傾と後傾が上達してきたら、立位のポジションでも骨盤を動かしてみましょう。
筋肉を伸ばすときは、骨盤を前傾・後傾にコントロールしてストレッチしましょう。
ハムストリングスをストレッチするときは骨盤を前傾に、大腿四頭筋をストレッチするときは骨盤を後傾にコントロールしてストレッチしてみてください。

目次

骨盤を前傾させてハムストリングスをストレッチする

立った姿勢で行う骨盤の前傾運動

立った姿勢で行う骨盤の前傾運動

ストレッチ鈴木和孝

POINT

骨盤を前傾させたときに背筋(腰)に力が入ります。
10回ほど繰り返しましょう。

ハムストリングスのストレッチ

もも裏のストレッチ

あわせて読みたい
立った姿勢で行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ ストレッチの強度 ★★
股関節の柔軟性向上
脚を高く上げる
前屈の柔軟性向上
ストレッチ鈴木和孝

POINT

骨盤を前傾させたまま上体を傾けていきましょう。
背筋を伸ばしながら、おヘソから上体を傾けていきます。

骨盤を後傾させて大腿四頭筋をストレッチする

立った姿勢で行う骨盤の後傾運動

立った姿勢で行う骨盤の後傾運動

ストレッチ鈴木和孝

POINT

骨盤を後傾させたときに腹筋(下腹部)に力が入ります。
10回ほど繰り返しましょう。

大腿四頭筋のストレッチ

もも前(大腿四頭筋)のストレッチ

あわせて読みたい
立って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ ストレッチの強度 ★★
 もも前の凝り緩和
膝を曲げる動作の柔軟性向上
ストレッチ鈴木和孝

POINT
骨盤を後傾させたままストレッチの動作を行いましょう。
下腹部に力を入れて腰が反らないように注意すると、もも前の筋肉が伸びやすいです。

さいごに

股関節ではなく腰部だけで前屈や後屈動作を行うと腰痛の原因にもなります。
骨盤のポジションをコントロールしてストレッチしていきましょう。

あわせて読みたい
骨盤の動かし方の言葉の表現について 運動を習っていると、 「骨盤から〜」「骨盤を立てて〜」「骨盤を前傾させて〜」「骨盤から前屈して〜」 など様々な言葉の表現で指導を受けることありますが、自分自身...

このページの情報は役に立ちましたか?

骨盤の前傾と後傾を意識して行うハムストリングスと大腿四頭筋のストレッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次