子どもストレッチ教室の生徒募集中!

椅子に座りながらできる腱鞘炎・肩こり予防のためストレッチメニュー (4種目)

椅子に座りながらできる腱鞘炎・肩こり予防のためストレッチメニュー

腱鞘炎と肩こりを予防するためのストレッチメニューです。
パソコンのタイプ作業が多かった日は、いつもよりも手首や指が硬くなっていることが多いです。
ストレッチで、腕と手首の筋肉が硬ばらないようにしていきましょう。

このメニューの所要時間は 5分 ほどです。

目次

このストレッチメニューで伸ばせる筋肉

腕と手首まわりの筋肉をストレッチして筋肉の緊張を緩和させます。
椅子に座りながらできる腱鞘炎・肩こり予防のためストレッチメニュー

Let’s stretch!

ストレッチ鈴木和孝

POINT

以下に注意してストレッチしましょう。

  • ストレッチの動作は必ず痛みの出ない範囲(痛気持ち良い程度)で行う。
  • 伸びている筋肉を意識する。
  • 筋肉が伸びているところで15秒~30秒キープしてください。
    呼吸は止めず深呼吸する。

手の平〜腕ストレッチ

手の平〜腕ストレッチ(手首の腱鞘炎予防)

あわせて読みたい
手の平〜腕の筋肉(前腕屈筋群)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★
腱鞘炎の予防
腕の張り改善

手の甲〜腕ストレッチ

手の甲〜腕ストレッチ(手首の腱鞘炎予防)

あわせて読みたい
手の甲〜腕の筋肉(前腕伸筋群)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★
腱鞘炎の予防
腕の張り改善

首の前面のストレッチ

首の前面のストレッチ

あわせて読みたい
顎〜喉(胸鎖乳突筋・斜角筋)のストレッチ ストレッチの強度 ★
首の凝り緩和
肩こりの緩和
猫背改善

首〜肩のストレッチ

首のストレッチ

あわせて読みたい
首〜肩(僧帽筋上部)のストレッチの方法 ストレッチの強度 ★
首の凝り緩和
肩こりの緩和
猫背改善

おつかれさまでした!

ストレッチ鈴木和孝

POINT

指先の作業の疲労が溜まると、手首や指が伸びにくくなったり、曲がりにくくなります。
日々ストレッチして手首と指の動きをチェックすると、腱鞘炎になりにくいですよ。

他の椅子に座りながらできるストレッチメニュー

このページの情報は役に立ちましたか?

椅子に座りながらできる腱鞘炎・肩こり予防のためストレッチメニュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。
YouTubeでストレッチプログラムを、noteでストレッチのイラストを紹介しています。
》詳しいプロフィールはこちら

目次