【千葉市習いごと応援キャンペーン】がスタートしました!

顎〜喉(胸鎖乳突筋・斜角筋)のストレッチ

スポンサーリンク

顎〜喉のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ

首の凝り緩和,  肩こりの緩和,  猫背改善

顎〜喉(胸鎖乳突筋・斜角筋)のストレッチの方法

鎖骨下の皮ふを下に引っ張る
首を右に傾けてから顔を上に向ける
顎〜喉の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

1. 鎖骨下の皮ふを下に引っ張る

顎〜喉の(胸鎖乳突筋・斜角筋)のストレッチ

手で左の鎖骨下の皮ふを下に引っ張ってください。

2. 首を右に傾けてから顔を上に向ける

顎〜喉のストレッチ

首を右に傾けてから顔を上に向けていきます。

3. 顎〜喉の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

顎〜喉のストレッチ

左の顎〜喉の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

  • 胸鎖乳突筋や斜角筋もパソコン作業で硬くなりやすい筋肉です。
    椅子に座りながらでもストレッチできるので、作業の合間に筋肉を伸ばして首が固まらないようにしましょう。
  • 顔を上に向けた時に首の後ろ側にツマリ感が出る場合は中止しましょう。

胸鎖乳突筋・斜角筋の動作や解剖について詳しくはこちら

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の起始・停止と機能
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。

斜角筋の解剖ページは準備中です。

他の首・肩のストレッチの方法

首のストレッチの方法
3種のストレッチ

首の凝り緩和,  肩こりの緩和,  猫背改善